Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

息子の定期テスト 細かすぎる指摘にうんざり

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

やっと期末考査が終わりましたー!!!

子どもたちの期末考査も私の勤務校の期末考査も。

 

本当にこの10日ほど地獄の忙しさでした・・・( -_-)

 

特に息子の勉強に時間が拘束されるのが辛かったですね。。。

 

今回も必死で英単語等を覚えさせ、テストに臨ませました。

 

Jolly Phonicsなどを駆使して

範囲の単語をすべてしっかり書けるようにさせたのですが・・・

返却されたテストを見て・・・

 

「漢字・カタカナ・ひらがなの書き方のテストだったのか・・・( ̄▽ ̄;)・・・」

 

と深いため息が。。。

 

解答欄の至るところで

「アと読めません。」

「この漢字は違う」

と書き込みがあり、英語の勉強以外の部分で点を落としていました。

 

確かに息子の字はきれいではありません。

 

ただし贔屓目に見ても十分に判読可能な

平均的な中1男子の文字だと思います。。。

 

特に漢字などは冷静に見ても

私もどこがどう違うのかわからず、家族全員で見ましたが

先生がご指摘になっていることがわからず仕舞いで・・・。

 

まぁ、今回のこのような減点は

もちろん息子だけではなくて受検者全体に対して

同じ採点基準で行われたようですが・・・。

 

実際にテストを受けていない私でさえ

「なんだかなぁ・・・」と思ってしまう細かすぎる指摘。

実際に頑張って勉強してテストに臨んだ子供たちはどう思ったでしょうか。

 

もちろんこの先字が汚いと、

入試などで悪筆が点を落とす可能性を指摘したいという

老婆心であることは理解できますが、

それにしても細かすぎます・・・。

 

私も普段採点する側ですが

もちろん字があまり上手ではない子というのもそこそこいます。

あまりに判読不明な時はバツにせざるを得ない時がありますが、

できる限り読む努力をしています。

 

筆跡鑑定というものがあるように

筆跡というのは一人ひとり違います。

 

模範になる文字というものは確かにありますので

書く人はそれに近づける努力をするのは前提ではありますが

読む人も書き手にある程度歩み寄り、

一定の読む努力をする必要があるのではないかと私は思っています。

 

努力したって字をきれいに書けない人もいると思うんですよね。。。

利き手とかもあるし・・・。

 

ただでさえ英語の筆記での重箱の隅をつつくような

採点基準に辟易としているのに

記号問題のカタカナや訳の部分の漢字表記に

ここまで細かい指摘がされてくると

「いったいなんのテストですか?」

と言いたくなってしまいました。。。

 

しかもお世辞にもその先生の字もお上手とは言えず。。。

 

中間テストでのローマ字の出題で

「なんか方向性違う?( ̄▽ ̄;」

と思ってしまっていましたが、

本質ではないところでガンガン点を引きまくってくるところに

不信感すら覚えてしまいました。

 

もしかして

平均点が高くなることが嫌なの?

100点も取ってほしくないのかなぁ?

と思ってしまう・・・。

100点は取らせたくないと公言する先生も多いですしね。

 

あぁ、もういいや。

学校の定期考査に一喜一憂するのはやめよう(^^;

 

大きな目標を見失わないようにしたいです。。。

 

愚痴でした・・・。

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村