Pocket

結局どんな対策すればいいのよ、英語の大学入試・・・

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

娘が今年の4月から高校生になったこともあり、

私も久々普通科で情報を得たいと思い、

4月から普通科高校でも勤務しています。

 

2021年度から実施予定の新大学入試の情報が

少しでも入ってくるといいな~と思っていたのですが、

なーーーーーんにも入ってきませんでした( ̄▽ ̄;

 

同僚の先生に聞いても

「まだよくわからないんですよね~」と・・・。

 

私が勤務している学校だけが情報が入ってこないわけではなく

大学入試の英語民間試験 文科省に改善要求 校長会

高校の校長会から異例の要望を文科省に出すくらい

現場にも詳細な情報は入ってきていない状態なんですね・・・。

 

現場の教員はまさに暗中模索的な取り組みをせざるを得ないという・・・。

 

とりあえず民間試験も併用されるとのことで

4技能が今までより求められるということだけは周知されていますが

そのせいで今まで以上にやらなければならないことが山のように増え、

授業は本当に大変です。

 

しかも、確固たる目標とすべきものが朧げな状態であるため、

心のどこかに「これでいいの?本当に・・・」という気持ちを

拭いきれないままやっているという。。。

 

そして

大学入学共通テストに英語の民間検定試験 大学教授らが中止訴え

 

こんなニュースも最近出ている感じで

そもそも民間試験が必要とされるのかすら怪しい雲行き・・・。

 

ゴールポストがヒョイと変えられちゃう可能性もアリアリ。

 

怖い、怖すぎる・・・( -_-)

 

翻弄されすぎです・・・

 

小耳にはさんだところでは

民間英語試験の導入を決めた担当者はすでに異動になっているんだとか。

なんじゃそりゃ・・・。




現場にいたって情報が入ってこないので

この夏休み、空き時間にネット上で情報を集めてみようと

いろいろ調べてみました。

 

英語民間試験については調べれば調べるほど

「いったいどれを受けたらいいのよ・・・」

とわからなくなる始末。。。

 

一長一短というか、

受験地・受験日・受験料なんかを見ていくと不公平感満載ですし。。。

 

とりあえず娘にはGTECの対策をさせていますが

GTECにしても試験会場が学校で試験監督がその学校の教員なので

スコアの信頼度が低いと判断する大学もあるとかで

もー本当にわかりませんわ・・・。

 

もう不確かな民間試験の方の対策はとりあえず先送りすることにしました。

 

今、唯一、ほぼ確実と言えることとは

従来のセンター入試が大学入学共通テストに変わるということ。

 

英語の民間試験導入の話題の陰になってしまっているところがありますが

実はこの新しい大学入学共通テスト、センター入試より

難易度がUPすることがプレテストからも予想されるとのことで。

 

リスニングが特に難化するようですが、

まぁ、これは娘には、というか英語育児っ子にはウエルカムな変更です。

 

その他の問題の出題傾向にも大きな変化があるようですので

私の大好きな関先生の対策本を購入してみました。

 

大学入学共通テスト 英語が1冊でしっかりわかる本


一読してみましたが、さすが関先生。

 

迷いがなくなりますね。

 

何を対策していけばいいのかよくわかります。

 

娘の大学入試突破の力養成の指針となりました♪

 

それはさておき、

民間試験導入は今後どうなるのでしょうね・・・。

 

残された時間や現場の混乱ぶりを思うと、

【延期】ということになってもおかしくないような・・・。

 

とりあえず、アンテナを張って注視していきたいと思います。

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村