Pocket

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

皆さんは

【百匹目の猿現象】

というものをご存じですか?

 

【百匹目の猿現象】とは

宮崎県の「幸島」の猿たちから始まった

不思議な現象から唱えられている

「意識と言うものは、ある一定数が共鳴すれば

急速に周囲に影響を及ぼし広がっていくようだ」

という超常現象的なお話のことです。

 

今から遡ること約70年前、

宮崎県にある「幸島」と呼ばれる小さな島で

ある日、一匹のメス猿が

「川や海で砂のついたイモを洗う」

というこれまでその島の猿の間では見られなかった

(猿にとっては)画期的な行動を発明しました。

 

その行動を見た他の猿たちは

「おお!いいね~!

水で洗えば砂が口の中に残らないね!マネしちゃおう!

塩味も着いちゃっておいしいらしいじゃん!」

と思ったのでしょう。(たぶん。。。)

 

その行動は群れにドンドン広がっていきました。

 

ここまでの話の展開はまぁ有り得る。

 

しかし、ここからが不思議な話になります。

 

数年かけて幸島の百匹のほどの猿達の間で広まっていったこのイモ洗い。

 

ある日突然、

このイモ洗い行動が

200キロ以上も離れた大分の高崎山の猿の群れのみならず

日本のあちこちの猿の群れで見られるようになったというのです。

 

誰がどうやって教えた?猿にイモを洗うことを・・・。

物理的な交流はなく地理的にも大きな隔たりがあるのに・・・。

 

これは別に伝説や作り話ではなくて

京都大学によって1948年から開始された

ニホンザルの観測の一環で確認された現象なのです。

↑このような石碑もあるくらい

 

ちょっと超常現象っぽいお話ですが

ある臨界値みたいなものを超えれば

テレパシーというようなものも発生しちゃうのかな?

と興味深く思ってしまいます。

 

大槻教授に怒られる?(^^ゞ

 

でもでも・・・

 

【良いと思えることをある一定の数が共有しあうと

人知を超えた拡がりで伝わっていく】

 

なんてロマンがあるんだ!!!!!

 

おうち英語にもこの【百匹目の猿現象】を使わねば!

と思っていたところなのです。

 

一人一人が

「おうち英語最高なんだけどなぁ・・・」

と一人でコッソリ思っていてはダメなのです。

 

「おうち英語最高!」って考えを大きく共鳴させなければ。

 

サルがイモを洗ったように

私たちもおうち英語の素晴らしさを伝えなければならないのです。

(毎度ながら例えが微妙・・・)

 

そんなことを思っていたら・・・

 

やはり思いは共鳴する!!!

 

縁あって個人的な親交はあったのですが

おうち英語界では有名なStory Garden(SG)を主宰するリサちゃんから

「おうち英語界のために一緒に何かしない?」というお誘いが!!!

 

もう、ビックリです。

 

不思議なものだなぁ・・・と思うのですが

リサちゃんがSGを始めた時期と

私がEnglishbudsを始めた時期ってほぼ同じなんですよね。

 

おうち英語に対する考えもよく似ていて

色々なところで浅からぬ縁を感じていたのですが

この時期にこのタイミングでオファーしてくれたことに運命すら感じます。

 

何かが起こる予兆?!

 

迷走しまくっている国の英語教育方針。

何も変わっていない現状。

SNS上に流布される「?なおうち英語情報」。

 

その現状を私たち、憂いています。

 

ということで、

できることから始めていきたいと2人でいろいろと計画中です。

 

百匹目の猿現象の真偽のほどはわかりませんが、

同じ思いを持った人たちが集まれば

きっとその思い、情熱は伝播するはず!

 

よろしければ是非

百匹目の猿現象にご参加を♪

 

おうち英語を広めていきましょう(^^)

 

各種お問い合わせはこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング