Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

よく受験英語が日本人が英語ができないやり玉に挙げられます。

 

日常会話では使えない死語のような英語を

大学受験でやるのがダメなんだと。

 

よく耳にする受験英語弊害論ですが

果たしてこの説は本当なのでしょうか???

 

以前に大学入試の長文が面白いというブログを書いたように

私は大学入試はなかなか良問が多いと思っています。

 

私が受験生だった時のような

とんでもなく古めかしい英語というものは

もう出題されていないのではないかなと思うのですが。

 

そんなわけで

日本人が英語ができない理由を大学入試の英語に求めるのは

適切ではないと私は個人的には思っています。

 

でも・・・

日本人が英語ができない理由は

大学入試が関係しているとも言えると思います。

 

大学入試の問題に、ではなく、

日本人の大学入試に対する姿勢、考え方に。

 

【大学入試のためだけに英語を勉強している】

という構造が問題なのです。

 

先日、民間英語試験の大学入試への導入が見送られました。

現場の動きを見ていると

この傾向は明らかだと思わざるを得ません。

 

受験に関係なくなれば4技能の試験はどうでもいい

という考え方が露骨です。

 

申し込んでしまったから仕方なくGTECを受検させる、

GTECは受験に関係なくなったので受検をやめる、

スピーキング対策補習を計画していたけれど見送り、

など【受験に関係なければやらない】という・・・。

 

もちろん点を取ったもの勝ちになる受験の世界。

限られた時間で結果を出していかなければなりませんから

必要のない事にまで時間を割いているわけにはいきません。

 

現在の現場の動きを批判することなどできないのです。

現場はあくまでも保護者、生徒のニーズに応えないといけないので。

 

つまりは

大多数の人は受験のためだけに英語を勉強しているということです。

 

本当に一生使える英語力を身に着けようと考えて

中学や高校で英語の勉強をしている人は

英語コースなど英語に特化して学んでいる人を除けば極々少数派でしょう。

 

実業科など卒業後就職をメインに考えている学校の生徒の多くは

英語を勉強するモチーベーションがほとんどありませんし・・・。

 

結局のところ、

今の日本では

英語は受験科目の一つなのです。

 

とりあえず大学受験をクリアーしたらそれで当面はOK。

社会に出て必要に迫られたらまた必死でやればいいんじゃない?みたいな。

 

その程度の認識の人が多いため

わざわざ英語に早期教育で小さいころから時間や労力を割く必要はない

と感じる人が多いのでしょうね。

 

大学入試の英語ならなんとか乗り切れるよ

わざわざそんなに早く始める必要ないよね?的な発想。

 

大学入試の英語がいくら良問が多くなっているとは言っても

【大学入試=英語学習のゴール】

となり得るものでは全くありません。

 

でも実際には

【大学入試】=【英語学習のゴール】

にしてしまっている人が圧倒的多数なのですよね。

 

通過点でしかないのになぁ・・・。

 

確かに高校入試・大学入試は、

英語を中学生以降に始めた子たちに

モチベーションを上げさせたり、強制的に勉強させる

絶好の機会となるのは事実です。

 

でもあくまで機会であってゴールではないんだけど・・・。

 

その辺りが日本の英語教育の誤りだと思いますねぇ・・・。

ゴール設定が間違ってるって致命的・・・。

 

大学入試への民間試験導入が話題になりましたが、

問題そのものに大きな問題があるわけではないのに

問題云々が問題になっているいう・・・。

 

 

究極の改革をするなら

英語は主要科目から外してしまって

体育のような位置づけにすればいいのにと思います。

 

入試科目って入試が終われば勉強しませんよね。

私も大学入試以来、数学の問題など解いたことがなく、

今の娘の数学が何もわからず軽蔑されております( -_-)

 

でも体育は運動嫌いの私でも

健康増進のために軽い運動くらい時々しますもん。

本当にストレッチくらいですけど(^^;

 

英語はどちらかというと本当は実技教科なんだと思いますし。

 

それくらい変える勢いで考えていかないと

何も変わらないんじゃないかと思ってしまいますが・・・

 

私の戯言でした・・・( -_-)

 

各種お問い合わせはこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング