Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

我が家では子どもが小学生のころからずっと

ジュニアエラを購読しています。

 

4月号の特集は

ジュニアエラ 2020年 04 月号 [雑誌]

【英語が好きになる】でした。

 

好きな物こそ上手なれ

と昔から言いますが、

確かに【好き】というのは

何にしても大きなモチベーションになりますね。

 

ということで、

つまり今回のこの特集は

英語を好きにならないと

英語ができるようにならないよ

というメッセージなんでしょうか?(^^;

 

 

嫌いになるのは案外簡単かなと思うんですよね。

できなかったり苦手だったら大抵は嫌いになりますから。

 

 

高校で「英語が嫌い」という子も

要は英語のテストで良い点数が取れないから

英語が嫌いなわけで・・・。

 

その苦手な英語を好きになってみよう~!

というのはなかなか難しいんじゃないですかね。

私も自分の人生を振り返ってみると

体育・数学はできないから嫌いでしたね。

 

じゃあ、

体育・数学ができるようになるために

まずは体育と数学を好きになってみましょう!

と言われても

「無理言うなよ・・・」と思ってしまいます(^^;

 

 

ジュニアエラのこの特集を組んだ人は

そんなことは百もお見通しで

中学に入ってから

そんな悪いループに入ってしまう子を減らすために

小学生・中学生の早いうちに

英語を好きになっておきましょう!

ということを提言されているのでしょう。

 

 

あんまり特集にケチを付けたくないんですけど

 

好きになろうと思って

好きになれることなんて

この世にあるんかいな・・・( ̄_ ̄)

 

と日頃から世の中を冷めた目で見ている

このオバチャンは思ってしまいましたよ(^^;

 

(めちゃめちゃケチつけてるやん・・・と思います。ゴメンナサイ!)

 

英語なんてもともと

言語というコミュニケーションツールに過ぎないわけですから

好きも嫌いもないだろうに・・・

と思うのです。

 

日本語が好きだから

日本語話しているわけじゃないですよね?

 

日本語が母語として

生まれたときに身の回りにあった言語だから話している

ただそれだけだと思います。

 

現に

我が家の子どもたち

英語に好きとか嫌いという感情はありません。

 

あ、ウチの息子は

「英語嫌い」と言ってますけどね(^^;

学校の教科としてだと思いますが・・・。

 

娘にしたって

「英語好き~💛」なんて気持ちないと思います。

なんだかわからないけど

英語ができるから模試とかでは助かる~♪

ぐらいにしか思っていないような・・・(^^;

 

ただ小さいころから身の回りにあって

いつの間にか努力もしてないのに

なんとなくわかるようになって

気付いたらある程度使いこなせるようになってた、

ただそれだけのものです。

 

そこに

「好き💛」とか「嫌い⤵」

なんて感情があろうはずがありません。

 

だからこそ今まで淡々と続けてこられたとも言えますね。

 

これが「好き」というモチベーションで続けてきていたら

長続きしていなかったかも。。。

 

人でも恋愛体質の人の方が

好きだの嫌いになっただので

付き合ったり別れたりしていませんかね?(偏見?)

 

好きとか嫌いとか超越している方が

長続きするもんだと私は思っております。

 

もし私がジュニアエラの編集長だったら

 

「好きも嫌いもあるもんか。

そこにただ英語があるだけにしろ。」

 

という特集を組みます( ̄_ ̄)

 

そんな雑誌売れるか~~~!(笑)

 

 

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング