Pocket

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

子どもの意思とは無関係に

私が勝手に与えてきた英語。

 

いつもどこかで英語が流れていて

アニメも英語でしか見させてもらえないな~

という感じだったと思います💦

 

子どもに選択の余地はないという感じで・・・。

 

何のために英語をするのか

ということすら考えたことはないのではないかと。

 

息子は我が強いところがあるため

オンラインレッスンの受講を

嫌がる時期、真面目に受けない時期がありましたが

それでも英語そのものが環境にあることに反発してくることはなく、

なんとかこれまでおうち英語を継続してこれました。

 

息子が小さな反抗を見せた以外は

基本受け身の姿勢でおうち英語と接してきた我が家の子どもたち。

 

娘は17歳、息子は14歳となり、

さすがにそろそろ英語に対して

少しはそれぞれ思うところが出てきたようです。

 

娘はこれまで特に反抗もなく、

本当に空気を吸うように英語に接してきた子で

今は自分の好きな洋楽や海外のアーティストの情報を追うこと、

そして大学受験に備え英語の文法、語彙をブラッシュアップすることに

英語を生かしているという感じです。

 

自分の興味ある分野に英語でアクセスしている感じですね。

自然体で英語に接していて

英語を学ぶ意義を考えるとかにはまだ無縁の様子。

彼女の場合、一生考えないかもしれません・・・(^^;

 

 

一方、英語に対して完全に従順ではなかった息子。

遊びたい時間にレッスンをしなければならないこと、

話す話題もないのに話せと言われるレッスンに

反抗的な態度を見せたり、適当にやり過ごしたり・・・( -_-)

 

怒って押さえつけてまでやらせることではない

と思っていたので

オンラインレッスンがなあなあな感じになっていても

25分受けているだけ上出来と考えて

見守るというスタンスを取ってきました。

 

そんな息子も中学生となり、

長年お世話になってきたメルでしたが

メルの労働時間を少しでも短くするために

今年の春にメルから完全卒業させました。

 

その卒業が息子にはそれなりの節目となったようで

少しずつ息子の心境にも変化が生じてきたように思います。

 

もちろん年齢的な成熟もあるでしょうが・・・。

 

今はデイジーと毎日レッスンしていますが、

25分しっかりとレッスンに向き合うようになりました。

 

学校で疲れていたり

宿題が多かったりすると

レッスン前に

「えーーーーっ( -_-)」と露骨に嫌な顔をしたりしますが

「じゃあ、キャンセルするわ」と言うと、

「誰もキャンセルしてくれとは言ってない。」と言って

iPadをもって隣の部屋へ消えていきます(笑)

 

今まで話すということを適当にしてきたせいで

言いたいことがすぐに言えず

随分もどかしい思いもしているようですが

それなりに頑張って表現しようと努力しています。

 

まだ将来就きたい仕事が決まっていない息子ですが

英語が話せた方が色々と有利なのだろう

ということはおぼろげにわかってきたようです。

 

GAFAM(Google・Amazon・Facebook・Apple・Microsoft)が

日本の東証一部企業の時価総額を越えたニュースを話題にした時

「これからは日本の会社で働いてもダメなのかなぁ・・・」

と私が言ったところ

「だったら俺はGoogleで働くわ。」と超短絡的な応答をした息子・・・( -_-)

 

「じゃあ英語は最低必要条件になるんじゃない?」

と即ツッコミを入れると

「・・・。」となり、すぐさまGoogle入社をあきらめ、

「じゃあ、イングリッシュバブーを俺がもっと大きくするわ。」

とEnglishbudsの名前すらしっかり認識していないくせに

「文科省に営業に行って全小中高にオンラインレッスンを導入する」

と壮大な夢を語るバカ・・・( -_-)

 

ifの話とわかっていても

とりあえず話に乗ってやり、

「そうなるとフィリピンだけじゃなく

全世界で講師雇わないと無理だよ。

英語話せないとね。」

と言うと、

やはり「・・・。」という展開(^^;

 

あり得ないif storyを語っただけでも

英語は必要だと実感してきたようです・・・。

 

中学に入り、

教科としても英語に向き合わねばならず

これまでのようになあなあな態度ではダメだと

わかってきたようです。

 

そして

話すことではまだストレスを感じつつも

【聞く・理解する】という点ではアドバンテージを持っている

ということもわかってきたようで

少しづつではありますが

息子の英語への思いが変わってきているようです。

 

この先

どうなっていくのかわかりませんが

今の息子の姿を見ると

我慢して続けてきて良かったのかも?!

と思っているところです。

 

娘のように順風満帆に特に大きな問題もなく

スムーズにおうち英語が進むパターンもあれば

息子のように大波小波で船揺れまくり

もう難破しちゃうかも?!と思いつつも

遠くに陸地が見えてきた・・・助かるかも?!

というパターンもあるのかも。。。

 

そんな風に感じている今日この頃です。

 

息子が遅咲きであったと思える日を夢に見つつ

これからも見守りたいと思います♪

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング