Pocket

 

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

わが家の天邪鬼息子ですが

私の前や学校ではベタベタの日本人英語の発音をします。

 

母音を残しまくった発音というのでしょうか。

カタカナっぽいというか。

 

これぞジャングリッシュとも言うべき

聞いていて気持ちが悪い発音をしてきます。。。

 

どうしてこうなってしまったんだか・・・

と思っていたのですが、

いつもレッスンをみてくれているデイジーから

「〇〇(息子の名前)は発音がとってもきれいだね!」と(@_@;

 

社交辞令は要らないよ、デイジー・・・

と、デイジーに本当のことを言ってもらおうと再度聞いてみました。

 

すると

本当に大丈夫だと。

 

重ねてしつこく聞いても「きれいな発音だよ」と。

 

一度「きれいな発音だよ」と言ってしまった手前、

途中で「ごめんなさい。ウソついてました。」

とも言えないですよね(^^;

 

そう疑いつつ、

息子がレッスンしている部屋のドアに

耳をべったりと付け古典的な方法で盗み聞きをした私(笑)

 

今思えばデイジーに録画してもらえばよかったんですが(^^;

 

そこで聞いた息子の発音は普通でした。

 

可もなく不可もなく。

めちゃくちゃいいとも言えないけど

一定基準はクリアみたいな感じでした💦

 

とりあえず

多くの日本人するみたいに

母音をはっきり発音する発音ではありませんでした。

 

なぜに息子は私の前や学校ではベタベタな発音をするのか・・・。

 

群れないタイプの娘と違い、

息子は常に友達に囲まれているタイプの子です。

 

人の気持ちを汲めるところもあって

いわゆる周りを気にするところがある子なんですよね。

 

同調圧力に屈しやすいところがあるとも言えますが。。。

 

息子に

「そういう発音はカッコ悪くないか?」

と伝えたところ

「カッコ悪いのはわかっているけれど

学校で普通に発音するのもちょっとね・・・」

という感じのことをボソボソ言ってました。。。

 

学校できれいな発音をすると

みんなと違うとか気取ってると思われて

笑いの対象になるという風潮が

残念ながらあるということを

高校で教えていて実際に肌身で感じています。

 

なので息子のことを

単純に責めたり詰ったりすることもできないなぁ・・と。

 

ある意味、保身のために

発音を調整している息子を凄いというのも違うとは思いますが

そんな土壌みたいなところを変えていかないと

日本の英語教育も進まないよなぁ・・・

と思ったりします。

 

最近はコロナの問題で

【マスク警察】という言葉も聞かれるように

「みんなと一緒でないとダメ」

「みんながそうしているからそうしないと」

という同調意識・同調圧力が日本は強いということを

再認識しているところですが

学校の英語教育においてもその意識が

負の方向に働いているなぁ・・・と感じます。

 

おうち英語をやってきたがゆえに

苦労するところもあったりするのだ・・・

と思ったり、

なんでそんなところで苦労しなきゃいけないんだ!

と思ったり。

 

いろいろと複雑ですね💦

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング