Pocket

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

わが家の息子、

過去に見た映画、アニメで

耳コピした英語のセリフを時々突然口にします。

 

【気まぐれ】という言葉が

これほどピッタリくることはない感じで

なんの脈絡もなく突然、

映画とかアニメのワンシーンのセリフを言うのです(^^;

 

こちらが「何?」とか「もう一回言って」と反応すると

絶対に言ってくれない天邪鬼男です・・・

 

ということで、

普段その奇妙なシチュエーションを

我が家ではスルーするのがお決まりなのですが

過去に一度だけ私も娘も

息子のマネが秀逸すぎてスルーできず

爆笑してしまったものがあります(^^;

 

それはマーベルの映画

“Black Panther”のセリフマネで。

 

「アフリカ系英語やん!」

とすぐにわかるマネっぷりで

思わず笑ってしましました。

 

アフリカ系英語ってどんな?

という方はこちらの動画を是非(^^)

 

息子に頼み込んでゆっくり言ってもらったところ

母音の発音にクセを出すのがコツみたいでした。

 

でもコツがわかっても

私にはその発音はできないんだなぁ・・・( -_-)

 

よく

聞き取れない音は発音できない

と言われたりもしますが

確かに私は訛りの強い英語を聞き取るのは苦手💦です。

(きれいな発音でも得意ではないのでリスニング全般が苦手というべきか・・・)

 

まだまだ現実社会では

人種差別は根強く残っていますが

エンタメ界では様々な人種が垣根を越えて融合していますよね。

 

息子がマネしたBlanck Pantherのように

黒人がヒーロー・ヒロインとして

扱われることも珍しくなくなってきています。

 

海外アニメはまだどちらかというと

標準的な発音で作成されていることが多いように思いますが

洋画や海外ドラマなどでは

ブリティッシュ系、アフリカ系、ヒスパニック系、

アジア系、インド系の登場人物による英語が入り混じっていますね。

 

そうじゃないともう逆に不自然なのでしょうね。

 

私は学校英語で英語を勉強した人間なので

CDによる無菌室で純粋培養されたような

ゆっくりゆっくりの温室英語を

聞いてリスニングを学習しました。

 

そのため

洋画や海外ドラマでは訛りによっては

もう全然英語として耳に入ってこない時があります💦

完全字幕頼り・・・( -_-)

 

海外旅行に行っても

空港・現地の人のローカルな英語に慣れるまでに

時間が掛かることもよくありました。

 

そんな温室育ちの私に対して

小さいころから洋画、海外ドラマ・アニメを見て育ち、

オンラインレッスン中も一切配慮してもらえず

家事の音がダダ洩れの中で聞き取ることを強いられ、

毎年毎年なんでだかわからないけれど

代わる代わるやってくる各国からの留学生たちと

コミュニケーションを取ることを求められてきた娘と息子。

 

私が温室育ちなら

彼らは完全に雑草(笑)

 

雑草呼ばわりしてみましたが

やっぱり雑草の方が強いです。。。

 

これは実にうらやましいなぁ・・・

と思います。

 

会話は相手が言っていることを聞き取ることが

まず最初の一歩になりますもんね。

 

 

日本人にはネイティブ信仰があり、

おうち英語でもきれいな発音を求める人が

ものすごーーーーーーく多いです。

 

でもきれいな発音の英語ばかりを選んで

聞いているのも弊害があるかなぁと思います。

 

現在、

世界で使われている英語の7割は

非ネイティブによる英語と言われています。

 

日本人が「これぞ英語!」と思うネイティブ英語の比率は

わずか約3割です。

 

ネイティブの英語にも方言がありますので

日本の英語教材等で使われている

標準的な英語と呼ばれる英語の割合はもっと下がるかもしれません。

 

 

非ネイティブの英語などにも対応できる

リスニング力を持っていなければ

英語の運用能力は著しく下がるなぁ・・・

と自分の経験からも感じています。

 

 

まだまだ「英語=アメリカ」という図式の人が

日本には圧倒的に多いと思います。。。

 

昨日は戦後75回目の終戦記念日でした。

 

そろそろ英語学習においても

アメリカ崇拝意識から脱却すべきかもしれません。

 

コンプレックスから

ネイティブの発音を習得することに燃えるのではなく

「英語=公用語」という視点で

フラットに英語を見ていきたいなぁ・・・と思った昨日。

 

公用語としての英語は

世界平和を希求していくために

大切なツールだとも思いますし。。。

 

そんなことを考えていたら

ふと息子のBlack Pantherモノマネを思い出し

ブログに綴ってみましたが、

多様性ある公用語としての英語が

子どもたちに受け入れられている証だといいなぁ・・・

と思ったり。

 

そんなことをのんきに考えられる

平和な世の中に改めて感謝。。。

 

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング