Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

タイトルで期待させてしまっているかもしれないのですが、

先に申し上げておきますが、

すごい秘伝的なことは伝授できません(^_^;)

 

学問に王道なし的な内容となりますので

予めそのおつもりでお読みいただければと思います。

 

英検、大学入試などテストというものは

「そのテストの内容ができるか」

ということだけではなく、

「時間内に終われるか」

という質と量が問われるものとなっています。

 

レベルへの対応は当然のことながら

タイムプレッシャーへの対応も必要となります。

 

 

速く正確に解いていくことが求められるわけですが

英語に関していえば

正確性はある程度問題をやりこむことで

文法・語彙力は付けていくことができます。

 

しかし、

【速く】という部分に有効な対応があるのか

と言われると、正直「う~~~ん」なところがあります。

 

英文を読むスピードを上げるためには

様々な要素が絡み合っているように思います。

 

理解するだけの語彙が必要なことはもちろん

構文など文法力も必要とされます。

 

語彙と文法力があれば

それでOKなのかと言われるとそうではなく

まず何事もスピードを上げるためには

無駄な動き、工程を省かなければなりません。

 

英語の速読においても同じです。

 

省けるものは何か、と考えていくと、

内容理解のための読解の回路ですよね。

 

「英語→(日本語)→英語→(日本語)・・・」

という回路になってしまっている人というのは

「英語→英語→英語→英語・・・」という回路の人に比べ、

単純に考えても2倍時間が掛かるということです。

 

英語を英語のまま理解する

ということが非常に重要になってきます。

 

ということです。

 

長文を読むときは

英語は英語のまま理解して

読み進めてくださいね。

そしたら速く読めます♪

 

以上!

 

で終わらせるのはあんまりなので

通常は英語を英語のまま理解するための

アドバイスがなされます。

 

そのアドバイスで多いのは、

 

多読を取り入れてみましょう

 

ではないかと思います。

 

たくさん読んで慣れなさい、ということですね。

 

先日の餅搗きの話で言えば

餅を速く搗きたければ

餅を搗く練習をたくさんしましょう

と言っているのと何も変わらないような気がします。。。

 

 

これだけ速く搗こうと思ったら

どれだけ練習したらいいんでしょうね・・・・(^^;

(餅付き動画が結構気に入っている)

 

 

普段から英語多読の習慣がない子が

多読に取り組むのはハードルが高いでしょうし

忙しい高校生が英語が英語で理解できるようになるまでに

十分な量を読む時間を確保するのは

現実的にはかなり難しいことなのではないかと思ったりします。

 

そうなるとテクニック的なものに

頼ることになるかと思うのですが

速読のためとなると

スキミングやスキャニングなどが有効かもしれません。

 

ただテクニックはあくまでテクニックで

いつも必ずそれが有効というわけでもないように思います。

 

大学入試ともなってくると

そんなに簡単には情報が拾えないように

複雑な構文などが使われてきたり

行間から情報を読み取っていくことも必要になることもあります。

 

テクニックはあくまでテクニックなのですよね。。。

 

その点、

おうち英語で育った子どもたちというは

「英語→英語→英語・・・」と

英語を英語のまま理解して読んでいくことができますから

読むスピードが本当に速いです。

 

わが家の娘も

毎回英語の模試の時間が余るので

その分数学に回せるなら回したい・・・

と愚痴っていますし、

実際、毎朝取り組ませている語法・和訳のプリントも

それなりの分量をやらせているつもりなのですが

家を出る前の3~5分で

チャチャ~ッと済ませて涼しい顔で家を出ていきます。

 

あんまりチャチャ~ッとやっていくので

適当にやっているのか!と思うのですが

それがそうでもなくて

ちゃんと正解できているんですよねぇ・・・。

 

答え合わせする私の方が

問題文を読むのに倍以上時間が掛かっていて

微妙な敗北感を感じる朝です。。。朝から気分悪( -_-)

 

おうち英語っ子を見ていると、

英語を速く読みたかったら

早くから取り組み始めましょう。

そしたら速く読めるようになるのでは?

と思ってしまいます。

 

でもこれは

受験を目の前にした高校生に言っても詮無い話です。

 

人間が本来持っている言語習得能力と時を

味方にすればいいだけの話だと思うのですが

言語習得能力は成長とともにに消失していきますし

時間は遡ることができません。。。

 

結局、後の祭りの話になってしまうんですよね。

 

そう思うと

いつおうち英語というものに出会うかというのは

本当に大切だなぁ・・・と感じます。

 

 

多くの親子におうち英語の情報が届くように

頑張っていくしかないな~と思うのみです。

 

コツコツガンバリマ~ス♪

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング