Pocket


Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

昨日Yahoo!で

幼少から英語を学ぶと居場所が無くなる? “英語能力ランキング49位”日本の「吹きこぼれ」現象を探る

という記事を目にし、

「幼少から英語を学ぶと居場所が無くなる???

どういうことーーーー!?」

とタイトルにまんまと釣られて記事を読んでみました。

 

「吹きこぼれ」現象というのも初耳でしたし。

 

記事の内容に関しては上記リンクをご参照ください。

 

私の読み終えた感想は

「居場所がなくなる」というのはちょっと表現がネガティブなんじゃない?(^^;

とは正直思いました。

 

まぁ、でも記事が指摘することは

実際わが子も体験してきたことなので

我が家の子どもたちも「吹きこぼれ」の一部なのかもしれません。

 

小学校の英語の時間も中学校の英語の時間も

そして高校の英語の時間でさえも退屈な時間なのは事実です。

 

日本で公教育を受けていくならばそうなるのは仕方がないよね~

と我が家は諦めてきたと、いうか割り切ってきたというか。

 

我が家だけでなく

ただおうち英語をやってきたご家庭は

漠然と吹きこぼれていないようにも思います。

 

このご時世、オンラインレッスンという手段もあるわけですから。

 

もちろん子供向けのオンラインレッスンを提供する会社の中には

「子どもと言えばビギナーでしょ」と決めつけて

それこそABCから始めたり、

カリキュラムという型にはまったレッスンを

提供しているところもあるでしょうが

「吹きこぼれ」の受け皿になりうるレッスンを

提供しているところもあるだろうと思います。

 

まったくの手前味噌ですが

Englishbudsはそういうオンラインスクールでありたいと

常に心掛けており、

「吹きこぼれ」の方から支持いただけていると思います(^^)

 

これからもEnglishbudsは

全国の「吹きこぼれ」の方に支持していただけるように頑張ってまいります!

 

しかし、「吹きこぼれ」という表現もなんだかなぁ・・・(;^ω^)

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村