Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

話題別英単語リンガメタリカ

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

先週のことですが

娘の学校で個人懇談がありました。

 

高校となると1年生の1学期の懇談からでも

進路が主な話題となります。

 

まだ校内模試も1回だけで外部模試も受けていない状態なので

あまり突っ込んだ話ができたわけでもないのですが

大まかに娘の希望について担任の先生と話してきました。

 

娘が現在希望している進路ですが

受け皿が少ない学部のため難易度がなかなか高いです

 

娘としては自分の夢を叶えるために

毎日コツコツと努力を重ねているので

親としては精いっぱい応援してあげたいと思っていますが

果たして現実的なところとしてはどうか・・・。

 

娘の担任の先生はまだ若い方なのですが

3年生をすでに2回担当されているので

進路指導の経験は年齢の割に豊かな方です。

 

その先生が

「確かに狭き門なので難しいところなのですが

英語ができるというのはかなりの強みです。

今後の努力はもちろん必要ですが

現状の力があれば十分戦っていけると思います。

この学部は二次試験で英語で小論文的なものを書かなければなりませんし。

なかなか書けない子が多いので差がつけられると思います。」

と仰ってくださいました。

 

お話しくださった前半部分は確かに嬉しい。

素直に有難かったです。

 

でも!!!

話の後半!

英語で小論文って!

書けるんか?!( ̄▽ ̄;

 

 

確かに英検準1級のライティングでもそこそこの内容を書かなければなりません。

娘は準1級にパスできているので実力的には書けるはずですが、

実際のところ合格点がもらえるようにミスがないように

かなり簡単な英語を書いて乗り切ってきているので・・・。

 

それが大学入試でも通用するのかは不明。

というかたぶん通用しない・・・。

 

一般的な大学受験の対策では

英作文はそんなに早くから始めなくても良いと言われたりします。

要は語彙、文法を固めてからしか書けないので

早く始められないという側面が大きいのですが・・・。

 

しかし、娘の場合、

英語を強みにして人と差をつけるものにするためには

早めに取り組んでおかなければならないと思います。

もう取り組むこともできると思いますし・・・。

 

そんなわけで大学受験に通用する英文が書けるように


話題別英単語リンガメタリカ改訂版 [ 中澤幸夫 ]
という本を購入しました。

 

この本は本当にいいと思います!

 

大学入試で頻出される語彙・表現が

上手くまとめられているのはもちろんのこと、

知識背景の説明もしっかりと書いてくれています。

 

英語の運用能力を今よりさらに

ブラッシュアップさせていかなければならないのは当たり前ですが

その前に入試頻出テーマに対して自分の意見を持っておかなければ

書くことがなくて鉛筆が止まってしまうのですよね。

 

なので早めにこういった本を読ませることができてよかったと思います。

 

まぁ、読めと言っても、

娘にとって英語はいつも後回しの教科となってしまっているので

なかなか英語に時間を割いてくれることはなく・・・。

 

そのため

こちらの本をオンラインレッスンに取り入れています。

 

マデルと一緒に読んで意見を交わす形で

内容を吸収してもらうようにしております。

 

なかなか骨のある内容なので

ポンポンとは進んでいきませんが、

1年かけても時間的には大丈夫なので

しっかりと取り組ませたいと思っております♪

 

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村