Pocket

教材は何がいい?

 

やり足りない英語育児も効果はありません~教材編~

Englishbuds管理人 Mommy Kayo です。

前回は「使える英語を身に着けられる子」に育てるために必要なものとして、時間にスポットを当ててお話ししました。

最低1,500時間弱は絶対的に必要だと経験から思います。

時間を確保することも大切ですが、少ない時間で効率よく英語を身に着けさせるためには【教材】は非常に重要になります。

何を使って英語育児を行うかで結果が左右される可能性も大いにあると思います。

また今後詳しく我が家がどのような教材を使って英語育児に取り組んできたかはお話しさせていただきますので、今回は

 

【どのような基準で教材を選んできたか】

 

を中心にお話ししてみたいと思います。

我が家では、【ネィティブの子供がその月齢・年齢に読んだり聞いたりする絵本、CD、DVD】を使いました。

赤字の部分がポイントになるかと思います。

子供だから、初めて英語に触れるから、日本人の子だから・・・という視点では選びませんでした。

〝Hello. How are you?”から英語を教えなけば!というものではないのです。

何かの教材に沿って進めていくのも計画的で良いように感じられます。しかしセット教材では絶対的に量が足りないと思います。

そしてセット教材は語彙などその教材から得られるものを考えると対費用的に効率が悪いとも思います。

もちろん高額なセット教材を購入することによりモチベーションが上がり、「こんなに払ったんだから絶対モトは取る!」と英語育児に熱い情熱を注ぎこみ続けることができるタイプの人もおられるのも事実です。

また必要最低限なことはセットされているため、学ぶべきことは学ばせることができるでしょうし、万人受けしそうな内容で構成されていることから、子供に全然受け入れてもらえないということもないでしょう。

ですから、私はセット教材を否定はしません。

ただちょっとモッタイナイかなぁ・・・とも思います。


私の娘が小さかった11年前よりも今の方がYoutubeなどで英語教材になりうるアニメをたくさん見せることもできますし、amazonで洋書絵本もCDもDVDも気軽に購入することができます。

場合によっては、日本のamazonでは取り扱っていない絵本やCD、DVDもありますが、そんなときはアメリカのamazonから取り寄せることもできてしまいます。なんて便利な世の中!

そんなわけで個人個人で自分の子供の好みに応じてオーダーメイドの教材をその月齢・年齢に応じて、買い足していくことができる世の中になっているのです(^^)

あんまり書くと各種セット教材の営業妨害になってしまうといけないのでやめておきますが、セット教材は必須アイテムだとは思っていません。

「いつ何をどれだけ与えていけばいいのか」

この点が悩ましいところだと思います。

我が家で実際に使用した絵本、CD、DVDを今後こちらのブログにてご紹介していきますね。

また個別にお子様の状態をお伺いし、適切な絵本、CD、DVDをご紹介・ご提案するサービスも承っております。よろしければご活用ください。
(※有料サービスとなります。詳しくはこちらをご覧くださいませ)

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村