Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 

461a310ec5f9df26984165f7a75831a3_s

英語が苦手なパパ・ママの洋書絵本の読み聞かせ

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

前回お話しした通り、洋書絵本の読み聞かせは積極的に英語育児に取り入れていただきたいと思います。

英語が得意なパパ・ママには洋書を読み聞かせることはそんなに難しいことではないかと思います。

しかしそれでも、実際には教科書英語で英語を身に付けてきた大人には、幼児向けの絵本に知らない単語がたくさん出てきて戸惑うことも事実だと思います。

擬音語のようなものも多く、私もどうやって発音するのか調べることがよくありました。

 

またそれから、

「自分の汚い発音で英語を読み聞かせては、子供がその発音を吸収してしまうのではないか?」

という危惧もあるかと思います。

 

そういう気持ちはよくわかりますが、親の膝の上で肉声で読み聞かせてもらう経験は何にも代えがたいものです。

躊躇されるお気持ちもわかりますが、積極的にチャレンジしていただきたいと思います(^^)



そうは言っても、英語が苦手なパパ・ママには【洋書の読み聞かせ】は敷居が高いと思います。

その場合は、ちょっと値段は高くなりますがCD付の絵本から始められることをお勧めします。

 

CDは【かけ流し】の素材として大活躍しますし、普段から【かけ流し】で正しい発音・イントネーションに触れさせておくことで、親の発音の不具合を十分カバーすることができます。

親も同じようにかけ流しでその音源を耳にすることになりますから、自然とその絵本のフレーズが耳に馴染んできて、上手に読めるようになってきますよ(^^)

そう考えると、それほど高い買い物にはならないのではないかと思います。

 

CD付の絵本にはORTCTPのようにセットになった絵本もあります。

私はORTCTPも内容的に好きですが、1冊あたりのボリュームが少なくコストパフォーマンスが悪いという声も一部にありますので、まずはセット物を買わずに、単品でCD付の絵本を買ってみて子供の興味に合わせて絵本を買い足していくスタイルを取られた方が無難かもしれません。

 

色彩豊かで日本語に翻訳もされている絵本、エリック・カールの絵本が多読導入期には抵抗感少なく多読の世界に入っていく手助けになってくれるのではないかなと思います。

その他にもたくさんありますが、長くなりますので後日に譲りたいと思います!
↓応援して下さると励みになります♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村