Pocket




オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

おうち英語、英語育児を実践している人で

「ディズニーの英語システム」を知らない人などいないのではないか?!

と思うほどに、幼児英語界では有名な「ディズニーの英語システム」

こうしたCMに心を鷲掴みにされる

親御様も多いのではないかと思いますが

かく言う私もこの手のCMに

15年ほど前に心をガッツリ掴まれてしまいましたね(^^;

 

教材オタクでもある私は

ここまでスーパーキッズと呼ばれる子どもたちを量産する

DWEの秘密を知りたいという気持ちも抑えきれず。。。

 

そんなわけで元ユーザーです。

 

ただ我が家の子どもたちは

それほどディズニーキャラクターに興味を示さなかったこともあり、

我が家のおうち英語がDWEだけで完成したかというと

そんなことはありませんが、

土台になったことは間違いないと思っています。

 

今日はそんな元ユーザーの端くれとして

【ここが良かったよDWE】

を書いてみたいと思います。

 

現在は教材がかなりリニューアルされているようなので

直接役に立たない話かもしれませんが

とりあえず書いてみますね

 

我が家の子どもたちは

DWEを一通り使ったと言えます。

 

高額な教材なので

私も意地でも使わせたとも言えますが・・・💦

 

娘も息子もイエローのブックまで幼稚園の時終えています。

(それ以降使っていませんが・・・(^^;)

 

ブックレッスンはそれほど真剣にやったわけでもないのですが

多くある教材の中で一番使ったものは

【シングアロング】【トークアロングカード】ですね。

 

特に【シングアロング】は聞き倒したと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

車の中での移動中はどこへ行く時も掛かっていましたね。

 

今でも娘も息子も歌えます。

 

時々、突然

息子がシングアロングの一曲を熱唱したりしていて

【三つ子の魂百までも】

という諺は真なりとも思わされたりもします(^^;

 

娘は娘で、この夏休み、

高校の宿題で

【私の音楽歴史】という年表を書く宿題が出たのですが

「どうしよう。子どものころなんてシングアロングしか聞いていない・・・」

と頭を抱えていたくらいです(^^;

 

私は掛け流しで

英語の歌を掛け流すということはあまりなかったのですが

シングアロングはブックのお話が歌詞になっており

インプット素材にとして最適だったので重宝していました。

 

メロディーは完全にマザーグーズのパクリ(←コラッ)ですが

その分、耳になじみやすくていいですよね。

 

次に使い倒したのが

【トークアロングカード】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今、高校生になった娘には

毎日玄関英作文をやらせていますが

幼稚園の当時は【玄関トークアロングカード】を習慣にしていましたね。

 

玄関にトークアロングカード一式を置き、

毎朝登園する前に10枚カードを見るということを続けていました。

 

インテリアとか風水とかそういうものは完全無視( ̄_ ̄)

玄関開けたらトークアロングカードが山積み・・・みたいな(^^;

 

トークアロングは

文字と音と意味を一致させる良い機会になったと思っています。

 

「DWEは中学生まで使える」

とセールストークされたりもしているようですが、

実際我が家が使ったのは娘が1歳~幼稚園の年長の時ぐらいまででした(^^;

 

小学生以降使えなかったのは

ディズニーキャラがあまり好きではなかったというのが

一番大きな理由かもしれませんが

やはりインプット素材としては限界があると

私が感じたところも遠ざかった理由の一つだと思います。

 

やはり語彙などは他の素材から補っていく必要があり、

DWE活用中からも多読など他の素材を使っていましたし、

DWEだけですべてを完成させるのは無理だと思っていたので

DWEから吸収したいものが吸収できたと判断した時点で

我が家はわりとスパッとDWEを卒業してしまいました。

 

 

スタートする時期、使用する時期は選ぶと思いますが、

導入教材としては確かに

子どもが喜ぶ遊びや行動に英語をうまく織り交ぜているので

高額であることが玉に瑕ですが、

おうち英語の選択肢としては捨てがたい教材だと思いますね。

 

本当にあの値段がねぇ・・・と思います。

 

まぁ、あの値段が親を本気にさせる面があるのかもしれませんが(^^;

 

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

応援お願いします♪

英語育児ランキング

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村