Pocket

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

基本42音をマスターした後、

同音異綴りのルールを学びながら

わが家の息子が

読みのスピードを上げていくために

取り組んでことを今日は書いてみたいと思います。

 

Jolly Phonicsのセミナーでも

基本的な単音をつなげるブレンディングに慣れたら

早く読むために

音の塊を徐々に大きくしていくことが大切

と聞いていましたので

それを実行に移しました。

 

その時に活用したのは

神戸山手短期大学准教授の村上加代子先生のご著書、


読み書きが苦手な子どものための英単語指導ワーク (特別支援教育サポートBOOKS)

です。

 

わが家の息子は

読み方の感じや困難さから

ディスレクシアを多分に疑ったので

ディスレクシア研究に基づくこのワークを選びました。

 

順にワークを進めることで

息子はたどたどしい読み方を克服していくことができました(^^)

 

この経験からも

音の塊を徐々に大きくしていく

というのはとても有効だと思っています。

 

私のJolly Phonicsでも

お子さんの様子を見ながら

音の塊を大きくするステップを取り入れています。

 

先日、過去に買い込んだ

蔵書、ワークブックを整理していたら

このSounds Greatというワークブックが

音の塊を作るという練習にちょうど良いな♪

と思いました。

 


Sounds Great 2 : Workbook

 


Sounds Great 3 : Workbook

 

Sounds Great 4 : Workbook
昔はフォニックスを正しく理解しておらず

買ってはみたものの

どう使っていいかわからなかったので

当然新品同様きれいなまま(笑)

 

せっかくですので

バズラーの方にレッスンでお使いいただけるように

していきたいと思っています♪

 

基本的なフォニックスの音は理解しているけれど

読みがたどたどしい・・・

という場合に有効です。

 

是非リクエストなさってくださいね(^^)

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング