Pocket

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

【始め有るものは必ず終わり有り】

と言いますが、

おうち英語も永遠に続くものではありません。

 

無我夢中で続けてきて

どこがゴールなのかわからず

途方に暮れたこともあるおうち英語ですが

娘に関してはもうすぐ終わりが見えてきました。

 

どこを終わりとするかは

人によって違うと思うのですが

私の場合、高校生までと思っています。

 

大学生ともなれば

離れて暮らすこともありますし

やはり親離れ子離れしていくべきかなと。

 

大学生以後は

自分で自分の中の英語を育てていくもよし

自分の意志でやめるのも本人の選択なのかなと。

 

子どもは親の所有物ではありませんし。。。

 

もうすぐ終わりを迎える我が家の娘のおうち英語。

 

できれば最高の形で終わりたいな♪と。

 

先日から

娘の志望学部の大学の英語の過去問を解いています。

 

読みなれない語彙の連続と難解な内容に

うわっ、これは難しい・・・

と最初は思ってしまったのですが

よくよく分析してみると

入学後に必要とされる語彙や知識を身に付けておいてほしい

という大学からのメッセージが込められているのだな・・・

とわかってきました。

 

いわゆる

一般的な大学入試用の


英単語ターゲット1900をやっても

出てこない単語のオンパレードなのです。

 

一般的な大学入試問題にしか

対応してこなかった私も正直お手上げ状態です。

 

 

でも見方を変えてみると

受験をただ通過するだけのための勉強ではない

というのはやりがいがあるなぁと思うと同時に

これはこれまで我が家が続けてきた

おうち英語の集大成に結び付くのではないかと。

 

私は常々、

英語をツールとして人生に役立てて欲しい

と思っておうち英語を続けてきました。

 

英語がペラペラになったらいいな、とか

英語だけできたらいい、とか

英語を使う仕事に就いて欲しい、とは

望んだことがなく。

 

娘が目標としている大学では

英語の文献に目を通したり、

英語で論文を書かなければならないことも

あるのではないかと思います。

 

大学卒業後も

その分野の知識を深めていくためには

英語は必要になると思っています。

 

そんな風に英語を役立てて欲しい

と望んできて

実際そのような道に娘が進もうとしてくれていることを

本当にうれしく思っています。

 

 

これまで私が理想と思ってきた

おうち英語の最後のひと仕上げとして

大学入試問題、そしてその内容が

将来の娘のキャリアと直結しているもの、

に娘が真剣に取り組み、

英語を自分に必要な形に仕上げていってくれるというのは

本当に理想的だなという気持ちになります。

 

 

巣立っていく娘を応援するために私ができること

というのは

過去問を用意したり、実際に解いて分析し

その傾向と対策をアドバイスして

少しでも合格の可能性が高まるようにサポートしてあげることかな

と思っております。

 

 

大学入試対策が

私の理想とするおうち英語完成への橋渡しになるなんて

一石二鳥でありがたい♪(^^)

 

そう考えると

なんだか楽しくなってきました。

 

頑張って過去問解こう!

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング