Pocket

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

わが家のおうち英語では

中学校に入学するまでは

文法に関してはほとんどノータッチできました。

 

どうせ中学・高校で文法を学ばなければならないのだし

小学生までの間には

その時にしかできないことをしておこう

と思っていたからです。

 

そんな感じではありましたが

娘は小3で英検2級に合格しました。

 

英検2級の文法というと

高校生が習う文法項目まですべてが出題範囲に含まれています。

 

教えてないけれど

娘は解くことができたのです。

 

「なんでこれが答えだとわかった?」

と聞くと

「だって他だと変だから。

なんでかわからないけど

これが合ってると思った。」

と言っていたものです。

 

というか、

高校生になった今も言っています(^^;

 

高校生でそれはさすがにマズイというか

大学入試で際どい出題をされたときに間違えてしまうと思うため

しっかり勉強するように言っていますが

本人は「なんとかなるだろう」と高を括っている様子。。。

困ったものです。。。

 

話がやや逸れましたが、

これは娘にだけ見られるものではありません。

 

英検には縁遠い息子も昔に

「俺はペラペラはしゃべれないけど

映画とかの英語は何言ってるかわかる。

なんでかわからないけど・・・。

と本人も不思議そうに言っていたことがあります。

 

わが家の子どもだけが

そう思っているわけではないはずです。

 

これはおうち英語をしている子に

共通するものだと思っています。

 

今、私はJolly Phonicsをレッスンさせてもらっていますが

そのレッスンでディクテーションと言って

音を聞き取って書くアクティビティをするときに

「おぉー!!!」と思う瞬間が良くあります。

 

cookという単語を音から書きとる場合、

/c/という音は、綴りは/c/、/k/、/ck/と3つあります。

 

いつ/c/になるのか/k/になるのか/ck/になるのかは

ルールがある時もありますが、ない場合の方がほとんどです。

 

ですから、

このcookという単語を

kookkoockoockと書いても

音的には間違いではないのです。

 

学習したルールだけで書こうとすると

混乱してしまうところです。

 

しかし

たいていのおうち英語っ子はcookと書きます。

 

私からしたらすごいことなので

毎回感動して

「すごいじゃーん!

なんでcookってわかったのーーー?」

と喜ぶと、

実に冷静に

「だってcookcookだから・・・」

と私の喜びに理解されません・・・(^^;

 

おうち英語を続けていく中で

cookという単語をいつの間にか習得し、

なんでかわからないけれど

cookはcoockやkookではなくてcookと書く」

と思ってくれているのですね。

 

この

「なんでかわからないけれど」

という直観のようなものこそ

「英語の経験値」

だと思っています。

 

 

Jolly Phonicsで教えていても

結局ルールだけでは教えきれず

子どもの経験値に頼らざるを得ないことが

多くあると感じています。

 

 

このおうち英語っ子が持つ

【根拠のない自信】ともいえる経験値。

 

何にも代えがたいものだと思います。

 

文法などを学び、

論理を固めることは必要だとは思うのですが

論理はいつでもその気になれば身に付けられます。

 

が、、、

おうち英語で培われる経験値は

大人になってから英語を論理的に学んでも

決して得られることがないということは

私自身と子どもを比べて強く思うことでもあります。

 

素敵なプレゼントができたなぁ♪と(^^)

 

17年頑張ってきた自分を褒めよう(笑)

 

そして日々、おうち英語を頑張っておられる皆様、

どうぞご自身のことを讃えてください♪

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング