Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

今日はnoteへの投稿となります♪

noteでの過去記事でも時々お話ししてきましたが、我が家の中2になる息子、読み書きに多少の困難を抱えているように思います。小さいころから日本語でも言い間違い、読み間違い、書き間違いが多い子で、文字の順番が逆になってしまったりというところが見られました。端くれながらも教育関係に携わる私ですが、LD(学習障害)に関する知識はほぼ皆無で、その当時は「そそっかしい注意力が足りない子」と思ってきました。そんなわけで、適切な支援などしてやれるわけなく、ただ「ちゃんと読みなさい!」「ちゃんと確認しないから!」とちゃんとできなくて困っている子に「ちゃんとしろ!」と無理な要求をし続けるだけでした。今思えば反省しかありません。。。

私が息子の読み書きの困難の問題をはっきりと認識したのは息子が小5の時です。そろそろ英検でも受けさせてみようかと、英検3級の問題を息子にやらせてみようとしました。しかし「わからない」というのです。内容はそれほど難しいとは思えません。試しに私が問題文を読んで考えさせてみました。すると正しい答えが言えるのです。そこで私はまた「ちゃんと真面目に読まないから!読んだらできるでしょ!」と鬼の形相で息子を叱り飛ばしました。そして問題の続きをやらせようとするのですが、やはり「わからない」と。「じゃあ、自分でまず声に出して読んでみなさい」と言うと、ずーーーーっと黙ったままなのです。そしてまた「わからない」と。赤ちゃんの頃から英語を聞いて見て育ってきて、これまでに何千回も見たことがあるのではないかと思う”the”ですら読めないのです。”drink”という選択肢を「”drink”だよ」と私が読み、数分後に「この選択肢何だった?」と確認すると、自信なさそうに「”juice?”」という答え・・・。「何かおかしい」とやっと思いました。

続きは

note MommyKayo【英語教育】dyslexia:ディスレクシア

にてお読みください♪

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング