【大学受験記】こんなリスニング問題ならいいのにな♪

Pocket

Englishbuds 管理人 MommyKayoです。


先日のブログ、

リスニング問題だけどリスニング力だけじゃない・・・

でお話ししたように

共通テストで出題されるリスニング問題の形式に

文句をつけているわが家の娘。。。




娘にこちらの対策Youtubeなどを見せたりしてみましたが

「攻略法とかある時点で

本当にリスニング力を測っているテストか微妙じゃない?」

とまだ不満げな様子(^^;



英語そのものの難易度が高いのではなく

桁の大きい数字を紛らわしく何回も出してきたりして

受験生を混乱させようとする姑息さが正々堂々としていないと。


英語の問題じゃないじゃないか!とご立腹です。

こういう方向性は間違っていると。



「もっと堂々と本当のリスニング力を測るべき!

だいたい日本のリスニング教材って

日常的に海外で使われている英語とだいぶ差があるよね?

日本人向けにローカライズされてない?

本当の英語が聞き取れなくなっちゃうんじゃないかなぁ」と。



ということで、

批判するだけでなく

対案を出さなければならないことは心得ているようで

↓こういうトークショーをリスニング問題にしたらどうかと。

「こういう英語聞き取れるかどうかの方が難しくない?」と。


なぜだかトークショー好きな娘、

自分の好きな世界に持ち込めたらいいなと思っている様子(^^;



確かに英語の難易度はこっちの方が高いですよね。

そしてこっちが聞き取れた方が役立ちそうにも思う・・・。

でもこういう英語がリスニング問題として

出題される日は来るのでしょうか???



最近はノンネイティブの英語が

リスニング問題に入れられるようになってきたので

時代とともにリスニング問題も変わる可能性はありますが

来年の共通テストでいきなり問題傾向が変わるってないわ(^^;



残念ながら娘には

数字の聞き取り、間違わせようとする姑息なひっかけに

引っかからないように対策を積んでもらおうと思います。。。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪