【おうち英語】掛けた時間は裏切らない。理科の結果に満足、数学に残る後悔・・・そこから生まれる?!次は<英語で算数クラス>

Pocket



今年の春に

「高校生になれた~。良かった、ヤレヤレ」

と一安心していたのも束の間、、、



1年生も半ばとなり、

息子は来年からの文理選択を迫られています。



数学が苦手でも

自分の夢を叶えるために

理系に特攻した娘に比べ、

息子には将来コレといって

今の時点で就きたい職業がはっきりしていません。



それじゃあ、

「得意を生かそう。好きな教科は?」

となると、

息子の場合、理科が一番得意教科になると思うのですが

理系に行くぜ!と即決できるほどの数学の天才ではなく。。。



まるで数学ができないわけでもないのですが

いわゆる閃かないタイプ( -_-)



努力で解法などを覚えた上で

見たことがある問題を解くという

暗記数学というものはできますが

初見の問題には手も足も出ないことが多かったり。。。



これは上の娘もそうなんですよねぇ・・・。



遺伝なのかなぁとも思ったり。。。蛙の子は蛙(悲)



しかし、同じ理系教科に分類される理科は

二人とも好きでそこそこできるんですよね。




最近いろいろと分析しているのですが、

子どもたちが幼いころ、

英語にかなりの時間を割いたわが家ですが

理科にも時間を使ったなぁ・・・と。




小学校入学くらいまでの在宅時間を

日本語:英語 6:4くらいの比率で過ごしていたわが家。




ただアニメを英語で見たり、

子どもが好きそうな洋書絵本を楽しむことが大半でしたが

少しはアカデミックなことも入れたいと

理科系の動画を見せたり

理科系の絵本を読み聞かせしていたんですよね~。



英語で理科の知識を吸収する

ということもできていたのかも。




もちろん理科には日本語でも

子どもが喜びそうな学習漫画や雑誌がたくさんあり、

わが家の子どもたちも大好きでした。






この↑の学習漫画も元々は韓国ですが

理科の知識というのは

当たり前ですが万国共通で

何語で学ぼうが知識を得るという意味では大差ないんでしょう。





一方、算数・数学というのは

私の主観でしかありませんが

国によって求められていることが違う気がします。



考え方だったり

問題へのアプローチの仕方が違う気がします。




英語で算数もやらせたいと

昔いくつか英語の算数ワークブックを購入はしてみたんですが

結局、四則演算をやらせたぐらいでストップしてしまいました。




なんか日本の学校で学習する算数、数学と

繋がっていかない気がするなぁ・・・と。



ズバリ言ってしまうと

海外の学校での算数・数学のレベル

ちょっと低い気がします。。。


日本から海外で留学した高校生の話を聞くと

現地で言葉がわからなくても

授業に参加できたのは数学で、

その内容もとても簡単だったと。。。

計算も電卓でOKだし・・・。



その子たちの中には

日本では数学は苦手な科目になるにも関わらず、

現地校では数学がとても得意な人になれた、、、

という話を聞いたことがありますし、

わが家に来ていた留学生から

彼らの国の数学の授業内容を聞くと

さもありなんという感じでしたし。。。


今、海外一括りで話してますが

インドは別でしょうね、たぶん(^^;




そんなこんなでわが家では

算数・数学は日本語で出版されている問題集を

やらせるのみだったので

日本語の時間内だけやるものとなっていました。




そんな背景から

時間として数学に充てた総時間は

理科に比べるとかなり少ないことになってしまったのかも・・・。




まぁ、もちろん英語で数学を学ばなかったことだけが

数学が苦手な原因ではないでしょうが・・・。



楽しく学習漫画で知識を増やしていける

理科、社会に比べて

算数・数学というのは漫画では無理がありますよね。。。







算数・数学が苦手な私は

わが子にはそうなってほしくないと

などなど

いろいろと買い与えてみましたが

今思い返すとどれだけ役に立ったのか・・・( -_-)





英語でも思うことですが

何事も掛けた時間


なんですよね。。。




掛けた時間は裏切らない気がします。




もっと純粋に算数・数学に時間を

掛けるべきだったのかもしれません。。。



後悔先に立たず・・・です。



わが家のことを

反面教師にしていただきたいと切に思います。




特にバズっ子には

英語も数学も理科も社会も

オールマイティーにできる子になって

世界で活躍してもらいたいので!



おうち英語を成功させる秘訣は



英語にいかに時間を回すか

だと思いますが、

学年が上がればドンドン忙しくなる子どもたち

この時間の捻出が一番大変なことになってきます。



算数も漢字もすべての教科を勉強しなければいけません。



そんなスケジュールがキツキツのところで

アメリカ式の算数を英語学ぶ

というのも

アメリカに駐在する予定がなければ

本当に趣味の領域となってしまうのかなぁ・・・と。







日本の算数、数学を英語でも学べたらどんなにいいだろう

と思ってずっと生きてきました。(大袈裟)




この夏休み中、

バズでご利用いただける市販のテキストを

充実させようと思って色々と調べていました。



「従来の英会話テキストだけでなく理科も扱いたいなぁ~。

じゃあ算数もいいのないのかな?!」

とリサーチを進めていったら・・・



いいもの見つけちゃいました♪


Zoom-Up Workbook Math Grade 1 (英語で算数を学ぶ Zoom-Up Workbook Math) 

おぉ~、Z会!

これは間違いない♪



Z会の公式サイトも調べてみたら

【Z会】英語版算数ワークブック『Zoom-Up Workbook Math』が 北米でNational Parenting Product Awardsを受賞しました

というニュースも発見し

昔、洋書絵本、教材を買いあさったマニアの血が

久しぶりに騒ぎました。



「オラ、わくわくすっぞ!」悟空モード、

筋斗雲並みの速さ(マッハ1.5)で速攻買い求めました。


その行動に

「ウチもう使わないじゃん・・・」

という迷いは1mmもなしwww



中身を見て

「コレだよー!こういうのが欲しかったんだよ!」

とひとしきり興奮した後、


・・・

遅いわ、Z会ー!!!(T▽T)

と布団に頭を突っ込んで叫びました。。。


そう、わが家には遅かりし由良之助・・・(ノД`;)




でもバズっ子には遅くないですよね!



大学共通テストでも

数学は思考力

が求められるという傾向がはっきりしてきました。



こういう問題を英語で

ディスカッションしながら解くクラスがあったら最高!!!



・・・じゃないですか?

オタクが一人で騒いでるだけだったら誰か止めて・・・。



私としては、

この教材持ってタイムマシーンで15年前に戻りたい気分です(T_T)





そんな出来もしないことを考えて

ウジウジしていても仕方がないので

ワクワクすることを実現させることに

フォーカスしようと思います!



誰が興味を持つかわかりませんが

英語でZ会算数を学ぶクラスを作ってみたいと思いまーす!


ちなみにこのZ会のテキスト

Grade1からGrade5まであります♪




興味ある方はSkype ( englishbuds )までご連絡ください♪



誰からも連絡来なかったら

私の趣味の蔵書として孫の代まで封印しときます(笑)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪