Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_m

【大人のやり直し英語】インプット量とアウトプット量の差

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

「TOEIC900点以上取れていても英語が話せない・・・」

よく耳にする悩みです。

前回、【英語の先生が英語が流暢なわけではない】と

お話ししましたが、英語を話せるようになるためには

瞬間英作文や瞬間英作文の進化版のYouCanSpeakを使った

トレーニングが必要だと思います。

 

瞬間英作文YouCanSpeak

のトレーニングを重ねていくとまず何が起こってくるかというと

【アウトプット量】と【インプット量】の差が縮まることにより

話すときにストレスが少なくなってきます。

 

残念な話ですが、私たち人間は知っていることすべてを

瞬時に出し切ることが普通はできません。

 

アウトプットできるものはインプットできているものの内

極々僅かだと言われています。

 

私も未だに時々、会話している最中に単語・表現が思い浮かばず、

「エーッ、なんだんたっけ?ウ〝ーーーー!!!」となり

会話が終わった後に

「●●●じゃーん!!!」(ガッカリ)

という苦い経験をしています。

 

それほどまでにインプットとアウトプットには

とてつもない大きな開きがあります。

10知っていて3出せたらよくトレーニングができてる上級者だと言われるくらいです。

普通だと1か、それ未満でしょう。

 

その差を埋めるべきものが

瞬間英作文YouCanSpeakといった教材を使った

トレーニングなんだと思います。

トレーニングを積み重ねていくと

面白い現象も降ってくるようになるんですよ(^^)

 

次回はその【面白い現象】についてお話ししてみたと思います!

 

↓応援して下さると励みになります♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村