Pocket

ここは小さなオンライン英語教室Englishbuds。

小さいけれど英語を得意な子に育てるノウハウがいっぱいです!

赤ちゃんから社会人まで、様々な英語学習を応援するメニューをご提供し続けてまいります。

さあ、あなたの新しい世界と可能性の扉を開いてくれる英語を一緒に学びましょう♪

 発音記号の必要性を考える~その2~

Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

そもそも私たちが日本の英語の教科書で見かける

発音記号というものは世界共通のものなのでしょうか?

 

興味本位でいつも各国から我が家に来る留学生に

「コレ知ってる?」と発音記号を見せますが

誰一人として「知ってる!」と言った子はいません(^^;

 

アメリカ人のインテリの男の子でさえ、

「なんですか、これは?」と不思議そうに見ていました。

 

日本で表記されている発音記号は

国際音声記号(IPA, International Phonetic Alphabet)

と言われるもので、

音声学の分野で世界共通のものです。

 

英語だけでなく、他の言語の発音を表記にも使われるそうです。

東京外語大学言語モジュールのサイトに詳しい説明と全記号が

掲載されていましたので、見てみましたが、

英語では見たことがない記号も確かにありました。

 

発音記号の奥の深さを改めて知り、

かなり専門的な記号なんだなーと実感しました。

 

カタカナとひらがな(時にはアルファベットも)が

入り混じった発音表記を始めてみたときは

唖然としてしまいましたが、

よくよく冷静に考えれば、

ここまで奥が深い発音記号を

授業を1、2時間割くぐらいで

教えることはできないのだし、

音声学を専門にしないのであれば

その表記の仕方は完ぺきではないとはいえ

実用的なのかも・・・と最近では思います。

 

それに今の時代は英語の音声を簡単に確認することができます。

本当に英語学習には恵まれた時代です。

ありがたいなーとしみじみ思いながら

今日のブログは終わります~。

お読みいただき、ありがとうございました♪

 

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

Twitterボタン
TwitterEnglishbuds