Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

娘が幼稚園の年少さんから小学生5年くらいの間まで

ある多読教室に週1でお世話になっていました。

(息子は赤ちゃんの時から同席させてもらうという形で
参加しておりました)

 

知人にその教室の存在を教えてもらったときは

正直、

本を読むだけなら家でもできるやん・・・

と思ってしまったり、

そのお教室が自宅から車で50分ほど掛かるところにあったため、

最初はそれほど乗り気ではなかったのですが

そのただ本を読むだけが意外と難しい

多読を続けていく中で実感し、お世話になることにしました。

 

我が家がおうち英語に熱心に取り組んでいた10年ほど前は

今ほどインターネット上に気軽に利用できる

多読素材がなかったため、まず

どんな本があるのか

どんな本を読めばいいのか

という情報を入手することすら難しかったのです。

 

Amazonで洋書絵本を購入することはできましたので

実際に購入していましたが

手当たり次第に購入している感は否めず、

買ってはみたけどハズレだった・・・( -_-)

ということも多々ありました。

 

そのお教室では

先生の蔵書の絵本、そしてグループのお友達が持ち寄る

洋書絵本に触れることができ、

当時は最高の情報源として有難い存在でした。

 

確かにお教室では

先生による読み聞かせを聞いたり、

各自が発表したりするだけと言えばだけだったのですが

絵本の世界観にまったりと親子で身を委ねることができた

最高に贅沢な時間だったと言えます。

 

 

継続は力なりと言いますが、

多読も続けていくことで大きな効果が出てきます。

 

ただ続けるということは難しいものです。

 

世の中、シンプルなことが案外難しいもので

小さいころから三日坊主を信条としてきた私には

コツコツ続けるというのが一番キツイことです。

 

自分の弱い意志の力だけで続けることが難しい私でも

人に並走してもらえたり

自分を必要としてもらえると

なんとか続けていくことができると

Englishbudsの運営を通じてわかってきました(^^)

 

10年前の私も

一人では多読を続けていくことは難しかったと思うのですが

運よく並走して下さる存在の多読教室と巡り合うことができ

多読を生活の一部に溶け込ませることができました。

 

今でも本当にあの贅沢なひと時に感謝しています。

 

今年のEnglishbudsは挑戦の年ということで

グループレッスンを始め、

これまで「あったらいいのにな」と漠然と考えていたものを

具現化していこうと思っています。

 

その一環として

私たち親子が昔味わった贅沢な絵本タイムを

オンラインでも提供してみたいなと(^^)

 

ただ読むだけということなかれ。

 

多読、読み聞かせの奥は深いです。

 

おうち英語における多読は

英語の語彙だけをストックするための

作業ではないのです。

 

文章に込められた思い、行間を味わい、絵を愛でる。

 

子どもの情感を刺激し、情緒を育てる。

そんな大切な役割も果たしてくれます。

 

オンラインレッスンを提供するだけのEnglishbudsではなく

親子の多読タイムもリードできる存在になりたいと思います(^^)

 

我が家の蔵書も活用しつつ

たくさんの良質な本に触れていただける

多読グループレッスンを4月よりスタートしたいと考えています。

 

また構想が固まりましたら

ブログにてお知らせいたしますね♪

 

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング