Pocket

オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

【おうち英語】において

時間は成長に伴い、二つの異なる顔を見せる

と感じています。

 

幼児期における時間

間違いなく【味方】です。

 

家庭で過ごす時間が多い幼児期。

 

極論を言ってしまえば

「言語習得=その言語に掛ける時間」なので

必要とされる時間を英語に割いてあげれば

誰だって英語を母国語方式で習得していくことができます。

 

それは人間が生まれながらに備えている

言語習得能力によるものなので

適切な時間を掛けてあげれば難しいことではありません。

 

2つ以上の言語をこの時期に与える場合は

どの言語を母国語とするのか

という視点を忘れないように

時間配分していくことが

非常に重要にはなりますが

やはり時間は圧倒的に言語習得において

味方であることは疑う余地がありません。

 

 

しかし

子供が成長するに従い、

その時間を味方にしておくことができなくなってきます。

 

学校、習い事、通塾、交友関係の広がりなどで

子どもがおうちにいる時間がドンドン減ります💦

 

おうちと名が付くおうち英語において

【子どもがおうちにいなくなる】というのは

とんでもないハンデとなります。。。

 

2月末から5月末まで実施された

コロナ禍によるステイホームですが

先行きが見えぬ不透明感で世間が重苦しい雰囲気だった中

おうち英語界では歓迎の声が多く聞かれたように思います。

 

私もその一人で

子どもが四六時中家にいてくれる環境に歓喜したものです(^^;

 

もちろん自分のプライベートがなくなり

3食しっかり用意しなければならなかったりで

家事の負担感は増したのですが

英語の時間を楽にコントロールできるようになったのは

実に有難かったのです。

 

久しぶりに幼児期の生活パターンを再び送ることができ、

十分に英語の時間を確保できたものです。

 

しかし、

自粛が終わり、元の生活に戻るとまた再び

子どもが家にいない時間の方が多くなり

英語に掛けられる時間激減・・・となってしまっています。

 

でもこればかりは仕方がないですね💦

 

仙人のように山にこもって

英語ばかりやり続けるわけにもいかないですし

そもそもおうち英語とはそういうものではないですし(^^;

 

日々の生活で無理なく英語を取り入れ、

コンスタントに英語に触れていく

というのがおうち英語のスタイルですよね。

 

そう思うと

掛けられる時間が減ったとしても

無くさないように心掛けていくことしかできないかなと。

 

子どもが成長するにしたがって

限られた時間をやりくりし

塵も積もれば山となるの精神で

隙間時間を積み上げていくしかないのでしょう。

 

現状を嘆かず

手持ちのカードで最善の道を探すのが

何事も成功する秘訣なんだとか。

 

大学受験だの高校受験だの部活だので

時間はドンドン奪われる一方ですが

与えられた時間を有効活用できるよう

工夫していきたいと思います(^^)

 

隙間時間活用の達人になって

子どもの在宅時間の減少を克服したいものですね♪

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング