息子君、S-CBTの結果が出ました~

Pocket

Englishbuds 管理人 MommyKayo です。



先日メールチェックをしたら

「先日受験の合否を確認いただけます。」とのメールが💦



毎日の忙しさで

受験したことすら忘れてしまっていた

息子の英検S-CBTのスピーキングテスト・・・。



本当にすっかり忘れていたわ・・・( ̄▽ ̄;


まぁ、でもせっかく通知をいただいたことだから・・・と

恐る恐る合否通知ページを開いてみました。

あの息子のことは全く信用できない私・・・


本当だったら見たくなーい・・・



ドキドキ・・・



指と指の間から覗いてみると・・・



合格しておりましたー(‘▽’)ゞ



あぁ、長い道のりでありましたことよ・・・。

(忘れるくらいに💦)



まぁ、とりあえず

ギリギリ内申書に書き込むのに間に合いました💦




本当に滑りこみ~という感じです(^^;



前回の不合格と今回の合格から

何が明暗を分けたのか分析してみたのですが

二回目の帰り道に息子が放った衝撃的な一言から

だいたいの原因が掴めたような・・・。



その一言とは

「俺、今回は

聞き直しボタン押さなかったよ」

というもの。

「いや逆に前は押してたんかーい!」

と言いたくなることをグッと堪え、

詳しく話を聞いてみると

正しい答えを確実に言うために

自分の考えをまとめる時間をボタンを押して稼いでいたそう・・・。






S-CBTではスピーキングテストで

問題文を聞きなおせるボタンが設置されており

受検者は問題を聞きなおすことができます。


1回目の受検の時、

問題文が聞き取れなかったわけではないけれど

答えを確実なものにしようと

考える時間を延ばすために

そのボタンを結構押したんだとか・・・( ̄▽ ̄;


S-CBTのスピーキングでは

解答時間が決まっており、画面にタイマーがあり、

時間がドンドン減っていくのが表示されるので

受検者にはちょっとしたプレッシャーとなると思います。。。


タイムショックみたいですもんね。。。

例えも画像も古い・・・



息子もそのプレッシャーに耐えがたかったのか

ボタンを押して時間稼ぎして

自分の考えをまとめていたようで・・・。

1回ボタンを押すだけなら減点されないようですが

それ以上押すと減点対象になるようなんですよね~。

そこでバッチリ減点されてたみたいです💦


でもそう考えると

やっぱりS-CBTは会場型に比べると

難しいのではないかと思ってしまいます。。。

パッパ、パッパ、ハキハキ、ハキハキと

物事を進められる子ならいいと思いますが

慎重な子とかテンポがゆっくりな子には

向かないテストなんじゃないかなーと思います。


一切の猶予なく

時間でスパッと打ち切られてしまうというのは

かなりのプレッシャーになると思います。


とりあえず今回ようやく合格することができたことと、

それなりの教訓を手にすることができたので

終わり良ければすべて良し

ということにして

息子S-CBT受検記を締めくくりたいと思います。。。


S-CBT受検時の心得は


押しちゃダメ!

S-CBTのそのボタン

気軽な一押し 命取り



ポスターを作って啓蒙したいくらいです。。。( -_-)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪