学習指導要領は絵に描いた餅?!

Pocket

Englishbuds 管理人 MommyKayo です。



およそ10年毎に改定される学習指導要領。


来年2022年は高校の学習指導要領が改定されます。



現代社会が公共に変わるなど、各教科の科目名が大きく変わるようです。


英語ももちろん教科名が変わったり、

授業内容を変えるように求められてきます。


これまでの学習指導要領改訂でも

コミュニケーション主体の授業にするように

と教科書が変わったりしてきたのですが

現場で長く携わってきた者の端くれとして思うのは

多少ペアワークなどが増えて

コミュニケーション要素が

私たちが学生だった頃よりは増えたようには思いますが

基本的なところは何も変わっていないように思います。


まさに学習指導要領は絵に描いた餅ですね。

年々餅の絵が立派になりますな~みたいな💦



スバラシイ餅の絵が掲げられても

その餅を実際にゲットできない理由は

入試問題が変わらないから

これに尽きるのではないでしょうか。。。



先日、こんな提言をしているニュースを見かけました。

新学習指導要領を尊重するなら英語は入試から外したほうがいい



う~ん、そうですねぇ。

究極的には英語を入試科目から外して

実技科目化してしまった方が

現場は確実に変わるでしょうね。


今はやっぱり大学入試にパスできる

学力を付けさせることを学校現場は最優先してやっているので。


正直コミュニケーションは二の次です。


本気で改革をするなら

これくらい大鉈を振るうべきでしょうね。



大鉈を振るってほしいという思いもありますが

大学入試を目前に控えたわが家としては

今振るわれなくて良かった~とも思ってしまう(^^;


英語が最大の得点源になっている娘から

英語という教科が消えたら超不利ですから(笑)


結局は我欲のことしか人間考えない(^^;


そりゃ、色々と変わらないわけだ~。

世の常ですね・・・。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪