喜びお福分け企画【アウトプット報告】第2弾!Hちゃん♪

Pocket

Englishbuds 管理人 MommyKayo です。



本日はお福分け企画第2回目です。


今日はHちゃんママに

Hちゃんの成長の記録を教えていただきました♪


是非お読みください(^^)

Hちゃんママ

チャレンジ精神あふれるアクティブ娘(新年中)のアウトプットについて。

【生後11ヶ月から1歳代】娘が生後11ヶ月の時に、おうち英語を始める。DWEのプレイアロング、ワールドワイドキッズの教材を中心に使う。ネイティブの子供達が読む定番の絵本も沢山読み聞かせる。
★アウトプットについて
・1歳3ヶ月 日本語のパパ、ママ、バイバイ、ワンワンなどの言葉が話せるようになる。
・1歳7ヶ月  プレイアロングのPeekabooの曲が流れると布団やカーテンの後ろに隠れたりして、見つけるとケラケラと笑う。
・1歳8ヶ月 プレイアロングのjingle,jingle,jingleの曲が大好きで、shakeやclapの意味が分かっている様子。blue,nose,ear,nowなどの言葉が言えるようになる。
・1歳9ヶ月  英語の単語がいっぱい出てくるようになる。電車を見て「train!」と言う時もあれば、「でんしゃ!」と言う時もある。

【2歳代】DWEのZippyシリーズ、シングアロング、ストレートプレイ、レッツプレイの教材を中心に使う。引き続き、ネイティブの子供達が読む絵本も読み聞かせる。絵本のCTPも導入する。
★アウトプットについて
・2歳  箱を見せて中身について、Guess? Can you guess? と言う。
・2歳8ヶ月 英語と日本語の区別が分かるようになる。単語から文で話せるようになる。電車の中で人を観察して、He is sleeping.They are talking.など言うようになる。
・2歳9ヶ月 バズのオンラインレッスンを始めた。1ヶ月ほどレッスンをしたが、イヤイヤ期の癇癪もありレッスン時にベストな状態に持っていくのが大変で、数ヶ月ほど休止して落ち着いてから再開することにする。(今、思い返すと2歳児の娘にアウトプットを求め過ぎていた。まずは、オンラインに慣れる、先生から語りかけてもらうことをメインでアウトプットを無理強いさせない気持ちの余裕が必要だったと思う。)

【3歳代】YouTubeを解禁したが、DWEのストレートプレイも並行して使う。絵本のORTも導入する。娘が興味のある絵本を探して取り入れ続ける。フォニックスの教材も導入する。
●環境の変化として、日本の幼稚園に入園する。
★アウトプットについて
・3歳 長い文を話すようになり聞き取れなくなる。(わたしが本当に英語が苦手なため)Where’s daddy?と聞いたら、Maybe,he is なんとかかんとかみたいで感じで話す。
・3歳1ヶ月 バズのオンラインレッスンを夏休み期間中から再開する。定期的にレッスンを入れないで、余裕がある時に週1.2回程度入れたり、休んだりをしていた。
・3歳6ヶ月 幼稚園に入園して半年ほどが経ち日本語が流暢に話せるようになり、英語を拒否する時が時々出てくる。
・3歳7ヶ月 英語のアウトプットが消えかけてくる。日本語と英語の乖離が大きくなる。日本語環境(日本の幼稚園育ち、親が話せない)でスピーキングを伸ばすのはやはり無理なのかと思い始めたり、なんとかしなければという焦りのなかで、kayo先生のコンサルを受ける。(インプットは問題なく、娘は無口なタイプでもないため、バズのレッスン内容の見直しをする。)
・3歳8ヶ月 バズのオンラインの回数を徐々に増やす。娘の好きなおもちゃで遊びながらフリートークをしていたが、会話が弾むようにピカチュウのぬいぐるみや、ドールハウスや恐竜のおもちゃなどを買い足す。娘の好きなお医者さんごっこや、歯医者さんごっこなど、ごっこ遊びの道具を充実させる。
・3歳9ヶ月 バズのオンラインをほぼ毎日入れる。(今も継続中で1年が経つ)
・3歳10ヶ月 バズのオンラインをほぼ毎日続けて1ヶ月後にアウトプットがまた出てくるようになる。独り言や、1人遊びの時に英語を使うようになる。
・3歳11ヶ月 バズのオンラインを毎日続けて3ヶ月後、スピーキングの上達にビックリする。『わたしは、小さい時は赤ちゃんだったの。その時は英語が話せなかった。泣いてるだけだった。そして、マミーのお腹の中にいてたの。でも、今は子供になった』と言う事を英語で言っていて、自分の言いたい事が英語でも言えるようになる。オンラインが軌道にのり、機嫌が良い時は自主的にやりたい事が出来てくる。

【4歳代】YouTubeをメインで見て、DWEのストレートプレイを少しだけ見る。読みの導入で、フォニックスなどの教材や、アーリーリーダーズの絵本も徐々に取り入れる。

★アウトプットについて
・4歳 1人遊びの恐竜ごっこを英語で淀みなく、ずっーと話している。英語で話すことに全く抵抗がなくなり、滑らかに口から出るようになる。
・4歳4ヶ月 メル先生のグループトークに参加するようになる。自分の番の時に、人前で話すことに慣れてくる。
・4歳6ヶ月 対面の異年齢児の英語のワークショップに参加する。英語で問題なく会話が出来て、知ってる語彙を駆使して自分の意見が言える。

◆ ちょっと裏話を… ◆
この文章を読み返すと、前のめり感がすごい、せっかちな母やったなぁと反省と恥ずかしさを感じます… それと、娘がなんだか優等生みたいな感じに誤解されそうなので、裏話をさせてください。
実際はこんなもんです…(笑)
レッスン中に、先生の質問におちゃらけて、口パクで唇の動きで何を言ってるか当てさせる…
グループレッスンでは、自分の番が終わるとソファーでジャンプしたり何処かに行ったりするので、わたしがお菓子で必死に引き止める…
この前は、娘がテントの中に隠れていたので、先生がひたすら空想の物語を話してくださり、レッスン開始後15分くらいしてからSurprise!!!!って言って出てきたり…
こんな感じです。それで、本当に良いと思ってます!! 自由な娘を全力で受け入れてくださるバズがなければ、娘の成長はありませんでした。これからも、NO BUDS, NO LIFE!!

親の語りかけなし、日本の幼稚園育ち、留学なしで、バズでフリートークを続けて1年でこんなに話せるようになるなんて、バズの先生方を信じてお任せして本当に良かったと思います。また、バズを運営してくださるkayo先生には感謝しきれません。最後に、わたしの忍耐力にも惜しみない賞賛をあげてもいいですか?(笑)

アウトプットを待っておられる方のお役に立てますように…

賞賛!

もちろんですとも!


たぶん今日本のどこかで

スタンディングオベーションしている人がいるはず。



たとえ私以外誰もいなかったとしても

私は常におうち英語を日々頑張る皆様に

スタンディングオベーションで

惜しみない賞賛を送っておりますよ!


親の語りかけなし、

日本の幼稚園育ち、

留学なしで、

バズでフリートーク


これってまさに

わが家のおうち英語と同じ状態なんですよね。



わが家だけの経験を高らかにいくら語ってみたところで

ケース1はケース1なんです。。。

説得力はない。。。


ですが、Hちゃんが

この条件でおうち英語が成り立つということを

証明して下さっている

ということが何よりも私はうれしくてたまりません。




バズを運営していく信念になります!


4月上旬のブログは

グループレッスンの募集告知がしばらく続いてしまいますが

このお福分け企画、

絶対続けていきたいと思います!


アウトプットを待つ方の

皆様に心の支えとなると思いますから♪(^^)



Hちゃんママ、お忙しいところ

ご協力いただきありがとうございました!!!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪