Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

普通の言語活動は

意識しない限り母語で行われますので

意図しなければ日本語を話し、

脳内でも日本語で思考します。

 

そんなわけで

英語を話すという機会を

意図的に作っていかなければ

英語を話すということはほぼありません。

 

それも週に1、2回その機会を作ればOK

というものでもないように思っています。

 

英語はよくスポーツに例えられることが多いのですが

スポーツもトレーニングを1日怠ると

次の日、思うようなパフォーマンスができない

と聞きます。

毎日練習を続けるのも辛いけれど

勘が戻らなかったり思うように体が動かない方が辛いので

毎日トレーニングする方を選ぶ選手は多いようですね。

 

私はスポーツしないので経験を持ってはお伝え出来ませんが💦

 

しかし英語に話を置き換えると

それはよく理解できます。

 

英語をしゃべらない日を作ると

途端に英語をしゃべる勘みたいなものを

取り戻すのに時間を要し、

歯がゆい思いをします。

 

「え”ー」「あ”ー」が増えるという・・・( -_-)

 

普段の何気ない頭の中の思考が

英語になるなんてことは私には起こりえず、

「気が付いたら英語で物を考えていた!」

とか

「今日の夢は英語だった!」

ということは私個人に限って言えばありません。

 

英語に触れて育った我が家の子どももそんな感じです。

 

母語は完全に日本語なので

普段の思考も日本語ですし、夢も日本語だと思われ(未確認💦)

 

ということで、

やはり意識的に毎日の中に

英語を話す時間と言うのを設けないと

英語を話すことがドンドン苦しくなります。。。

 

昨日、語りかけについて書きましたが

わが家は親の英語での語りかけによるアウトプットの促しをせず

そのすべてをオンラインレッスンに

外注するというスタイルを取ってきました。

 

そのため

子どもが中学に入学するまでは

ほぼ毎日オンラインレッスンを入れてきました。

 

25分という短時間であっても毎日英語を話す機会を持つ

ということは有効だったと感じています。

 

先月までのコロナによる自宅待機中も

毎日オンラインレッスンを入れることができたのですが

やはり発話がスムーズになっていました。

 

「やっぱり毎日レッスンうけさせたいわ~」

と思っていたのですが

高校生の娘は学校生活に戻ったところ

学業が大変でその時間が確保できなくなりました( -_-)

週末だけが精一杯ですね💦

 

中学生の息子は高校生と比べると

まだ時間に余裕があるので毎日を継続しています。

 

せっかくコロナ自粛中に伸びた英語力を

維持していきたいところですが

普通の生活が戻ってくると

忙しすぎて無理なんですよね。。。

 

自粛前にはそれほど腹が立たなかったのですが

コロナによりビリーフチェンジが起きた私は

「日本人は忙しすぎる!!!」

と思ってしまいます。。。

 

腹を立てていても

諦めてしまっても

何も変わらないので

できることを見つけて取り組むしかないですね。

 

意図的に英語を毎日話す環境作りは

いつまでも続きます・・・。

 

頑張りましょう~♪

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング