おうち英語は親がするもの

Pocket

Englishbuds 管理人 MommyKayo です。



「おうち英語と幼児英語教育の違いは何だろう」

と考える時があります。





【子どもに英語を幼いうちから触れさせる】

という点においては

両者の間に何の差異も見られませんし、

世間一般では

おうち英語も

習い事の1つとしての幼児英語教室も

【子どもに英語を習わせるもの】

と捉えられていると思います。






しかし、しかし、

バズを運営してきてこの8年、

様々なケースに遭遇してきましたが

おうち英語はやっぱり特殊です。




幼児英語教育という大きな括りで

グループ分けしてしまうのは

かなり乱暴であると思いますし、

子どもに英語教育を施したいと思っている方に

選択肢として示す時に

「子どもに英語を触れさせるという意味で一緒です」

と説明するのは全く適切ではないと思っています。






両者の違いを

語弊があることを承知で

端的に言ってしまうと

おうち英語は親がするもの

ということです。






英語を身に着けていくのは子どもです。



でもそのプロセスに親がものすごーーーーーく

深く関わる必要があります。



アウトプットなどを外注する形で

オンラインレッスンなどを利用することはあれど

子どもに与える英語のレベル設定、頻度などは

基本的に親御さんがわが子の状況を見ながら

常に判断していく必要があるのです。




その見守り、フォローなしにおうち英語は成り立ちません。




おうち英語を丸投げするということは無理です。



何か高額な教材を買ったとしても、

毎日オンラインレッスンを利用してみたとしても、

「買い与えるだけ」「やらせるだけ」という丸投げでは

おうち英語は成り立ちません。





毎日の何気ない時間における取り組みが

おうち英語のすべてです。





親の絶え間ない関与が絶対的に必要なんですよね。。。




バズはおかげさまで

おうち英語っ子のアウトプットの場として

多くの方に支持していただいています。





8年間運営を続けてきた結果、

多くの子どもたちに英語を自由に話す機会を

ご提供できてきたのではないか

とその点は自負しています。





でも私や講師ができたお手伝いは

あくまで場をご提供するということのみです。





特にすごい秘策やメソッドがあるわけではなく、

おうち英語に取り組まれる方がレッスンに望まれる内容を

私自分自身の経験から熟知しているつもりなので

それらをレッスンに反映しているだけです。





ですから

おうち英語に関する

すべての結果は

日頃の親御様たちの努力の結晶

と心の底から思い、称えさせてもらっています。





そんな思いから

バズではレッスン風景の動画紹介とか、

「バズのレッスンを受けるとこうなりますよ~」的な

広告塔のような動画のUPはありません。





SNS等で

個人的に

バズでのレッスン風景をUPしていただくことは

何ら問題はありませんが、

バズがバズのアピールのために

特定の誰かのレッスン風景をご紹介したことはありません。





今後もないです。





ディベート部もマイクラレッスンもすべて

本当にバズのレッスンに参加して下さる方のレベルは高いため

この光景を見たいと思う人は世の中にごまんといるだろう

と思いはしますが

あくまで私たちは場をご提供しているのみで

バズのレッスンに参加したから

この力が付くとは全く思っていないため

そういう動画をバズの手柄のように公開するのは

筋違いだと思うんですよね~。




手柄の横取りはしないということで(^^)






皆様のお子様の成果は

親御様の努力の証だと思います♪






おうち英語は

家での密かな取り組みになるので

誰かから評価されるものではありませんよね。



評価されない、直接感謝されることも少ないものを

長きに渡ってコツコツ続けられるのは

愛しいわが子のためだからなのかな・・・とも思います。







おうち英語は親がするものなので

基本的に子どもは

自分がなぜ英語ができるのかわかっていません(笑)




自然にできるようになったと本気で思っています(爆)




「なんでかわからないけど英語ができる。」

とウチの娘は言います。




太陽の光、空気に

感謝することを忘れてしまうような感覚のようですね(^^;



でもそれは

子どもに負担を掛けずに

英語を習得させてあげることができたという

最高の賛辞で感謝の言葉

でもあるのかなと私は勝手に受け止めています(^^)


めちゃめちゃ都合よく解釈してますが・・・(^^ゞ





皆様にご心配お掛けしていましたが

ウチの娘ちゃん、

受験した私立大学2校から

すべて合格をいただくことができました♪




浪人の可能性はなくなり

4月から大学生になれることになりました!



私立大学に進学した場合、

学費が庶民の代表のわが家にとっては

恐ろしく高額なのですが

娘が長年の夢を叶えようと

苦手な理系教科の克服を必死で努力する姿を

ずっと見てきましたので、

ここからは親である私たちが必死で頑張る番かなと思っています。

極貧生活に耐えようと思います(^^;







まだわが家の4月からの命運、

極貧か? それとも普通の貧乏か・・・  

が決まる国立の入試が残っていますが

精神的にはかなり楽に受験してくることができそうです。



息子君の私立高校受験を含め、

ラッキーなことにまだ不合格通知は見ていないので

このまま連戦連勝できると最高だな~~~、

と欲深く思っています(^^;



高校入試においても、大学入試においても、

子どもたちにとって

英語がアドバンテージになったことは間違いなく、

それだけでも

おうち英語を続けてきて良かった♪

と思っているところです。




少しは私の努力も報われたかな~

と悦に入っておりますが

受験は終わっていないー!!!



気を緩めず引き続きガンバリマス!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪