喜びお福分け企画【アウトプット報告】第8弾 K.Nくん♪

Pocket

Englishbuds 管理人 MommyKayo です。



陰の大人気企画、アウトプット報告です!


先日、Kくんママとのチャット上の雑談で

Kくんの最近の様子をお知らせいただいたところ

その内容がお福分け企画にピッタリでした♪



厚かましくお福分け企画への投稿をお願いしたところ

ご快諾いただけましたので

皆さまにシェアさせていただきます(^^)


Kくんママ

初めまして。

春から小学生になる男の子の母です。
バズでレッスンを受け始めて1年半が経ちました。

久しぶりにエセルのレッスンを受けたら「すごく話せるようになっててびっくり」とお褒めいただいたので、ご報告させてください。

私は英語が苦手過ぎて理系を選択したという経歴の持ち主。私の遺伝子を引き継いだ息子が「同じ道を歩んでも英語が出来る様にならない」ということだけは分かっていたのですが、どうしたらいいのか分からない。

当然、うちには誇れるような英語歴はなく…

全力で子どもと向き合っている親友は「TVは1日30分」、一方私はTV頼み…そこで思いついたのは音声を英語にして「英語の勉強」と言い訳するというダメダメっぷり…

でも、これが功を奏したのか、(インターではないけど、週1回英語がある幼稚園の)プレでイギリス人の先生と息子がとても仲良しに。もしかしてと聞いてみたら「息子くんは英語分かってるよ〜🎶」と、言われたのが2歳半。

どうにかしてやりたい⁈とブログを読み漁り、どうやらおうち英語界に迷い込んだのではないかと…丸腰どころか強烈な劣等感を携え彷徨うこと2年…
アウトプットの場を探し始めて辿り着いたのがMommyKayoさんのブログでした。
「偏重バイリンガル」という言葉を知った時、ゴールが定まり一気に道が拓けた気がしました。

MommyKayoさんに背中を押してもらってスタートしたレッスン。
もちろん話せるわけもなく、来る日も来る日もエセルが息子の遊ぶ姿を実況中継。恐竜やレースカーになりきって擬音語で騒いでるだけ、むくれて全く話さない、トイレに行ったっきり帰ってこない、iPadによだれを垂らす等々、思い出すだけで頭痛がする受講態度…先生が色々誘ってくださっても全拒否で、「もう手がないわ。」って言われた日も…
「講師はうちの息子で失礼な態度には慣れてますから大丈夫ですよ。」と、MommyKayoさんに励まされ、1年半。

まさか成長してるなんて!

そしてもうひとつ。
英語だけでなくゲームもできない私はまたまたMommyKayoさんに背中を押してもらってMinecraft受講開始。
「飛べた!」「出来ない!ローマーどれ?」「家はどうやって作るの?」と子どもたちの声があちこちから飛び交う、子どもたち無双の無法地帯…この状況でひとりひとりをフォローしつつ、クラスを進めているローマーに感動。
→んっ?これってまんま幼稚園での様子だよね
→バズの先生って幼稚園教諭並みに人間出来てるわ〜
→英語でやってるって事はほぼインターの幼稚園ね!
→子どもたち全員がローマーの説明の通りやってるよね
→まだみんな6歳前後で英語分かってスゴイわ
→そこに違和感なく息子が⁈
→もしかして本当に「偏重バイリンガル」になれる?
連想ゲームと盛大な誤解で頭の中がぐるぐる。

ダメダメな私と天邪鬼な息子が迷い込んだおうち英語界で、初めて成果と希望(誤解ともいう)を感じた数日でした。

背中押し女王様と、いつも笑顔の先生方に心から感謝です。そしてこれからもナビゲートよろしくお願いします。


アウトプット報告記も今回で8弾となりますが

過去のアウトプット報告記事をお読みいただくと

共通のワードがあるような気がされませんか???


そう、それは

忍耐 です。



アウトプットが出てくるまで待つ忍耐、

子どもの奔放さに耐える忍耐、

叱り飛ばしたくなる気持ちをこらえる忍耐、、、


本当に忍忍忍です。

何もせずに耐えるだけではアウトプットは出てきませんが

然るべき方向性を見定めて、やることをやっていたら

あとは自然の理に任せて

耐えるべきところを耐えていれば芽は出るものだと思います。


バズはその信念のもとに運営し、アドバイスさせていただいています♪



「時期を待つ」というのは辛いもの。


そして私自身も「待つ」ということに

ものすごく責任を感じながらアドバイスさせてもらってます。


1年、2年という時間は非常に大切で掛けがえのないもの。


まさに時は金なり。

特に子どもの1年、2年という時間は無駄にできないものです。

取り返しができませんから・・・。



間違った方法をアドバイスしてしまって

その期間を棒に振ることがあれば

もうその責任は切腹ものでしょう。。。



いくつ腹があっても足りない(^^;



そういう覚悟を持って臨ませてもらっているので

こうしたご報告をいただけることは何よりの喜びです。


そして身が引き締まる思いです。

背中押し女王として

会員様お一人お一人の背中の押し時を

しっかりと見極められるよう

これからも精進したいと思っています♪


Kくんママ、素敵なレビューありがとうございました!


今後ともどうぞよろしくお願いいたします(^^)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪