今年も入試の季節がやってきた♪

Pocket

Englishbuds 管理人 MommyKayo です。


先週末、大学入試共通テストが実施されましたね。

今年も入試のシーズンがやってきました。


昨年は高校入試と大学入試のW受験だったわが家。。。



去年の今頃は本当に頭の中が受験一色でした💦




「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますが

受験生がいない今年は

「あぁ、去年は大変だったわ・・・」

と思い返すのみです(^^;




娘の大学も共通テストの会場になったようで

娘自身も試験会場を見ながら


「あぁ、そういえば去年受験したな・・・」


と感慨深く1年前を思い出したようです。


高校生の頃は必死になって日夜勉強していましたが

1年経った今、

受験のために詰め込んだ知識は

ぜ~んぶ忘れてしまった

そうです(^^;



だから

「今年受験しても良い点が取れる気が1ミリもしない」

と言っていました。。。



あんなに頑張った数学も日本史もほぼ忘れてしまったと・・・。



それに比べて


勉強した思い出がない英語は忘れていない

というのはなんと皮肉なのか・・・

と思ってしまいますね(^▽^;




そう思うと

受験とは何の適正・耐性を測るテストなんだろう・・・

とも思ってしまったり・・・。




まぁ、いろいろと受験に対して思うことはありますが

また2年後、息子の大学入試と

向き合っていかなければならないわけで・・・。




また2年後もギャーギャー騒いでいるものと思われます( -_-)


しかしこの1年振り返ってみて強く思うのは

やはり何事もご縁

結果オーライ


ということです。


落ち着く場所に落ち着いていくのですね。


田舎の公立高校だと「目指せ国公立!」というムードが強く

娘も「国公立に合格しなければ」と周囲に感化され

当時は懸命に頑張っていましたが

利便性や設備などを考えると「今の大学で良かった」

と本気で思っています。





この1年そう強く思わされたので

息子の大学入試に関しては随分気持ちが楽になりました。


なるようにしかならないし

息子は息子で縁のあるところに行くでしょう。


1年経って娘が冷静に入試を振り返り

「英語のおかげで合格できたと思う」

とも言ってました。



英語だけで合格できたわけではありませんが

確かに安定して得点できる教科があったことは

有利に働いたことは間違いなかったと思います。



息子にも多少英語が有利に働いてくれることを願わんばかり・・・。




今年、受験生の皆さん。

受験勉強も大変、

試験を受けるのも大変、

そして結果を受け止めるのも大変ですが

受験とは必ず縁あるところに決まるものかと思います。


素敵なところにご縁がありますように♪



最後まで頑張ってください(^^)

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

応援お願いします♪