Pocket


オンライン英語スクール Englishbuds 管理人 Mommy Kayo です。

 

先週は

アウトプットとインプットの落差を埋める♪を書きました。

 

インプットとアウトプットのギャップというのは

幼児期に限った話ではなくて

誰でも常に抱えている問題なんですよね、実は。

 

だから語学学習は永遠に終わらないわけです💦

 

私は最近

THE FLASHにハマりにハマっていて

家事もほったらかして

1日4、5話とか余裕で見てしまっています。(←That’s ダメ人間)

 

そんなわけで粒子加速器とかそっち系の表現・語彙は

ここ最近で格段に増え、

同じくアメコミが好きなデイジーと

MarvelとかDCコミックの話で

盛り上がることができますが、

話題が政治などの話に行ってしまうと

人が変わったように沈黙・相槌が多くなるという(爆)

 

 

そんな感じで

私も毎回インプットとアウトプットの落差に

もがき苦しんでいるわけですが

一方でこれは趣味趣向の問題でもあるので

「仕方ない( ̄_ ̄)」

と開き直っているところもあります。

 

 

開き直っていますし、

逆に

それを利用してやろう

と腹黒いことすら思っています。

 

 

好きな分野でインプットを伸ばすだけ伸ばして

実際に英語を運用してみて

上手く会話が回せず、

自分の英語に足りないものがあると思ったら

その穴を埋めていけばいいだけです。

 

ギャップに気付くということは

埋める穴が見つかった♪ということ。

 

私もちょっと前まで

新型コロナ関連の表現に疎かったのですが

その話題を話すことで

政治・経済、医療関係の語彙・表現を

学ぶことができたと思っています。

 

大人はこんな感じで

意識的にそのギャップを埋めていっているのかなと。

 

一方、

子どもはそのあたりの修正を意識的にはしないんですよね。

 

そういう視点で

自分の英語を分析したり、

向上させようと考えてはいないのです。

 

勉強だと思っていないので当たり前なんですが💦

 

小さな子どもというのは

空想の住人なところがあるなぁと

私は思っているのですが、

子どもの中の空想世界が

子どものインプットというべきものなのかなって。

 

その世界の一つを語るとき

英語で語るべき世界があるのかなぁ・・・と。

 

我が家の娘が幼いころ

ポケモン、恐竜、シルバニア、Doraが

娘が英語で語るべき世界の住人たちで。

 

その世界はとても限られたものでした。

 

その空想世界の中を語るとき

娘の英語はとても雄弁でした。

 

そこを語るときは

まるでイタコか!

と言わんばかりに

次から次へと英語が口から出てくるのに

日常会話になった途端、

「アレ?お地蔵さんでしたか?」

と言わんばかりに黙るという・・・。

 

イタコと地蔵・・・

恐山で見られる光景(笑)

 

今思えば

私が政治のことで地蔵になるのと

何も違わないのですが

その当時の私はなんか落ち込んだりしちゃっていましたね~。

 

でも結局、

今になって思うのは

ギャップに気付けば

そのギャップはおうち英語を続ける限り

ちゃんと埋めていけるということです。

 

子どもの代わりに

親が意識的にそのギャップを補う

インプット素材をさりげなく取り入れていく

ということもできますし

子どもの世界も成長とともにその世界も広がっていき

自然に補われてくることもあります。

 

17歳になってもかなり子どもっぽい我が家の娘でも

さすがに今はポケモンたちと暮らしていないようです(^^;

 

インプットとして好まれるものも

年齢に応じて自然と変わっていきますからね。

 

おうち英語の良いところの一つに

子どもの知的好奇心と

インプット素材のギャップを小さくできる

という点があると私はずーーーーっと思っています。

 

高校生を教えていると本当にそれを強く感じるんですよねぇ・・・

 

この話はまた長くなりそうですので

明日のブログに譲りたいと思います。

 

では、また明日♪

 

レッスン料金など受講に関する詳しいご案内はこちらから♪

オンラインレッスンの会員登録はこちらから♪

MommyKayo提供サポートメニューはこちらから♪

各種お問い合わせはこちらから♪

応援お願いします♪

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


英語育児ランキング